女性教員が高比率の上智大 背景にメンター制など独自の取り組み

大学入試

2018/11/03 07:00

 少子化の影響で、大学が厳しい戦いを強いられている。そんな中、私大の中には独自の取り組みで特色を出そうとするところも。AERAでは、早稲田、慶応、明治など、有力25私大を様々な指標でランキング化。ランキングをみていくと、女性教員の比率が他よりも高い大学がいくつか見受けられた。そのひとつが、上智大学。女性が活躍する背景には、どんな取り組みがあるのか。

あわせて読みたい

  • 職員の65%が女性の慶応大 女子の大学進学率にも影響

    職員の65%が女性の慶応大 女子の大学進学率にも影響

    AERA

    11/4

    なぜ日本の「女性研究者」は先進国で目立って少ないのか 専門家が指摘する「3段階の課題」

    なぜ日本の「女性研究者」は先進国で目立って少ないのか 専門家が指摘する「3段階の課題」

    dot.

    5/5

  • 野田聖子「政治のためにすべて諦めて出産は50歳」 自らの経験から女子学生に伝えたいこと

    野田聖子「政治のためにすべて諦めて出産は50歳」 自らの経験から女子学生に伝えたいこと

    dot.

    5/1

    東大、理工系「女子1割」現状打破なるか 「出張授業」に女性研究者の講演会も

    東大、理工系「女子1割」現状打破なるか 「出張授業」に女性研究者の講演会も

    AERA

    1/23

  • “輝く女性研究者”が受験生へ説く大学の意義「雑談の時間を大切に」

    “輝く女性研究者”が受験生へ説く大学の意義「雑談の時間を大切に」

    週刊朝日

    1/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す