若松孝二監督に集う若者たち描く新作 若松役は井浦新でなければならなかった理由

坂口さゆりAERA

若松孝二監督に集う若者たち描く新作 若松役は井浦新でなければならなかった理由

白石和彌(しらいし・かずや)/1974年、北海道出身。95年、中村幻児監督主宰の「映像塾」に入塾。顧問だった若松孝二監督に師事し助監督に。2010年「ロストパラダイス・イン・トーキョー」で長編監督デビュー(撮影/遠崎智宏)
 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【写真】映画「止められるか、俺たちを」の場面写真はこちら

*  *  *
■いま観るシネマ
 若松孝二監督が交通事故で亡くなって6年。「いつの間にか弟子になっていた」白石和彌監督がメガホンを取った「止められるか、俺たちを」が10月13日から公開される。1969年から2年半、若松プロダクションに飛び込んだおかっぱ頭の吉積めぐみ(門脇麦)を主人公に、師匠若松孝二(井浦新)と若松プロに集う若者たちの青春を描く。

 白石監督によれば、映画のきっかけは2016年に行われた「若松孝二生誕80年祭」の特集上映だった。オープニングに若松プロ初期に集っていた足立正生や秋山道男、小水一男などレジェンドたちが登場。彼らが顔を輝かせて話す青春時代は無類に可笑しかった。その打ち上げで吉積めぐみの話を聞いた時、企画が動き出したと振り返る。

「めぐみさんが若松プロにきてから亡くなるまでの2年半は、作品で言っても奇跡のような時間。彼女を主人公にして、入った先におかしな大人たちがたくさんいた。そんな彼らが真剣な顔をして『世間を変えるんだ、俺たちは!』と言いながら女性の裸を撮っている。バカバカしくていいじゃないですか(笑)。これは映画になると思いました」

 同時に、この映画を作ることで若松の「新しい声を聞けるのではないかと思った」と言う。「プッツリ亡くなった」若松への残された者たちからの返歌でもある。

 映画制作で外せなかったのは、めぐみと若松のキャスティングだ。

「若松役は井浦新さんしかあり得なかった。『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』以降、若松さんは新さんがいたから映画を撮れたようなもの。一緒にいた時間も長い。絶対やってくれると思っていました。めぐみも最初から門脇さんしかいないと。60~70年代にいそうなアンニュイさを出せるのは彼女ならでは」

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック