怒りを鎮める「ゴリラの術」って? さまざまな“民間療法”を検証! (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

怒りを鎮める「ゴリラの術」って? さまざまな“民間療法”を検証!

このエントリーをはてなブックマークに追加
福光恵AERA

イラスト:土井ラブ平

イラスト:土井ラブ平

 人は大昔から怒りをコントロールする術を探し求めてきた。クツカム! 秋田犬! いろいろあるものだ。実際に使ってみた。

*  *  *
ネットでこんなワードがバズったのは、春ごろのことだ。その名も「ゴリラの術」。漫画家でイラストレーターの阿東里枝(あとうりえ)さんがネットで発表した自作漫画のことをいう。正式な作品タイトルは「腹が立った時落ち着けるオススメの方法がある それがゴリラの術である」。生きていると腹が立つことがあるけど、そんなときは「ゴリラになれ」と説く短編漫画だ。

「ゴリラは争いを好まない。(なぜなら)強いから。ゴリラは他者を傷つけない。(なぜなら)強いから……」

 そんなセリフのあと、やたら男前のゴリラが「ウホホホウホホ……」とゴリラ語で静かに何やらつぶやいているところがアップになる。要はそんなゴリラマインドを見習うことが、怒りを葬る「ゴリラの術」っていうことらしい。

 作者の阿東さんによれば、きっかけはこうだった。

「以前ニュースサイトで手話をするゴリラの話を見かけて、ゴリラに興味を持つようになりました。当時、ムカつくできごとがあったのですが、その怒りをどうしたものかと。SNSには書き込めないし、物に当たるのもカッコ悪い。自分の中で消化するしかない。でも腹が立つ。どうしよう……そうだ。ゴリラになろうと」

 術の効果は絶大だった。人間関係で自分から衝突することがなくなった。

「反響は自分でも驚くほど大きかったです。『ゴリラの術で心が楽になりました』と、メッセージをいただいたこともうれしかったです」(阿東さん)

 怒りをコントロールするアンガーマネジメントが流行しているのは、ケンカ上等のネットの世界でも同じみたいで。そういう自分も、最近とみに、泉のように湧き出る怒りの御し方に戸惑うことが増えた。

 若い頃は人に食ってかかったとしても、「正直で元気な女の子」というポジティブな評価をいただいていたもの。ところがいつからか同じように怒りの爆発をやらかすと、「野菜が足りてないのでは?」だの、「ダンナとうまくいってないからだろう」だの、勝手な理由をつけられて、モンスター扱いに。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい