野村周平、チンピラ演じても「絶対役は引きずらない」 その理由は「プライベートが充実してるから」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野村周平、チンピラ演じても「絶対役は引きずらない」 その理由は「プライベートが充実してるから」

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA
野村周平(のむら・しゅうへい)/1993年11月、兵庫県生まれ。2010年俳優デビュー。朝ドラ「梅ちゃん先生」で注目される。映画、テレビ、舞台、CMなど幅広く活躍。「ビブリア古書堂の事件手帖」の公開(11月1日)も控える(撮影/篠塚ようこ)

野村周平(のむら・しゅうへい)/1993年11月、兵庫県生まれ。2010年俳優デビュー。朝ドラ「梅ちゃん先生」で注目される。映画、テレビ、舞台、CMなど幅広く活躍。「ビブリア古書堂の事件手帖」の公開(11月1日)も控える(撮影/篠塚ようこ)

「純平、考え直せ」/チンピラと元OLが限られた3日間を生きる青春娯楽作。監督:森岡利行 出演:野村周平、柳ゆり菜ほか。9月22日から新宿シネマカリテほか全国順次公開 (c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

「純平、考え直せ」/チンピラと元OLが限られた3日間を生きる青春娯楽作。監督:森岡利行 出演:野村周平、柳ゆり菜ほか。9月22日から新宿シネマカリテほか全国順次公開 (c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

「ちはやふる-上の句-/-下の句-」:発売・販売元:東宝、価格各3500円+税/発売中

「ちはやふる-上の句-/-下の句-」:発売・販売元:東宝、価格各3500円+税/発売中

 純平のヒリヒリした疾走感、刹那に身を投じる姿勢のリアル。まさに野村にしかできない適役だった。

◎「純平、考え直せ」
チンピラと元OLが限られた3日間を生きる青春娯楽作。監督:森岡利行 出演:野村周平、柳ゆり菜ほか。9月22日から新宿シネマカリテほか全国順次公開

■もう1本 おすすめDVD「ちはやふる−上の句−/−下の句−」
 出演作が続く野村だが、「ちはやふる」シリーズも彼らしさが出ていて周平ファンにはおすすめだ。競技かるたに青春を懸ける高校生たちの物語だが、幼なじみの千早(広瀬すず)、太一(野村)、新(真剣佑)の恋模様も絡み合う。太一の、千早を新に取られたくないという焦り、千早に対する熱く切ないまなざしに、青春時代が遠い昔となった今も、昔の記憶を呼び覚まされて胸が痛くなる。

 そもそも女1人に「イケメン」2人の三角関係は、恋物語の王道パターン。「どっちを選ぶ?」的要素はいくつになっても楽しめる(多分)。

 もう1本、「純平、考え直せ」で純平の母親を演じている片岡礼子を見ながら、どうしても紹介したいと思った作品がヒットマン映画の傑作「鬼火」(望月六郎監督)だ。

 片岡がヒロインを演じ、原田芳雄が孤高のヒットマンを演じたハードボイルド。痺れる。残念ながら、こちらは現在販売されていないそうなので、機会があればぜひレンタルで。

◎「ちはやふる−上の句−/−下の句−」
発売・販売元:東宝
価格各3500円+税/発売中

(フリーランス記者・坂口さゆり)

AERA 2018年10月1日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい