小屋暮らしで“体が悲鳴” 完全な孤独に潜む危険

2018/09/03 11:30

 自作の小屋で、低コストな生活を実践する高村友也さん。これまで小屋暮らしをしながら様々な著書も出版してきたが、そんな暮らしの中で体が悲鳴をあげたことがあったという。何が起こったのか、次のように明かす。

あわせて読みたい

  • 家は3坪、生活費は月2万円 路上生活を経て行きついた身軽な“小屋”暮らし

    家は3坪、生活費は月2万円 路上生活を経て行きついた身軽な“小屋”暮らし

    AERA

    7/30

    稲垣えみ子「コロナ時代の最大の贅沢は、生身の人間に会うこと」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「コロナ時代の最大の贅沢は、生身の人間に会うこと」

    AERA

    7/6

  • 引きこもり33歳息子と10年ぶりに対面の母親、「こんな顔してたっけ…」と胸が詰まる

    引きこもり33歳息子と10年ぶりに対面の母親、「こんな顔してたっけ…」と胸が詰まる

    dot.

    8/15

    米国でもブーム “小屋”で問い直す生き方

    米国でもブーム “小屋”で問い直す生き方

    AERA

    7/31

  • 娘たちにツリーハウス 「好きな空間」を自作するDIY女子が急増中

    娘たちにツリーハウス 「好きな空間」を自作するDIY女子が急増中

    AERA

    8/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す