「ほんとは断腸の思い」…それでも墓を“返す”人々

シニア

2018/08/09 07:00

 墓の在り方が揺れている。単身世帯の増加や人口減少の流れの中、家族の絆の象徴が「重荷」となる現実も浮かぶ。ライフスタイルの変化に合わせた新たな弔いの姿とは――。

あわせて読みたい

  • 墓じまいのルール 10のポイントを押さえトラブル回避!

    墓じまいのルール 10のポイントを押さえトラブル回避!

    週刊朝日

    8/26

    墓じまいの適齢期は75歳! 決断を急ぐべき理由とは?

    墓じまいの適齢期は75歳! 決断を急ぐべき理由とは?

    週刊朝日

    8/25

  • 「夫の2度目のお葬式みたい」増える“改葬” 地方では合葬墓に申し込み殺到

    「夫の2度目のお葬式みたい」増える“改葬” 地方では合葬墓に申し込み殺到

    AERA

    8/18

    管理が大変だし跡継ぎはいないし… お墓を片付ける人が急増中

    管理が大変だし跡継ぎはいないし… お墓を片付ける人が急増中

    AERA

    8/10

  • 寺が提案する「墓じまい」のなぜ 価格交渉で半額になったケースも

    寺が提案する「墓じまい」のなぜ 価格交渉で半額になったケースも

    週刊朝日

    8/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す