ポーランドでもスペインでも社会科問題化する子どもの虐待 家族の現実を描く必見映画

2018/07/27 11:30

 子どもの視線は、ときに社会の真実をあぶり出す。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督「万引き家族」に続き、新世代の女性監督による2作品が伝えるものを、ぜひ感じてほしい。

あわせて読みたい

  • ペネロペ・クルスを直撃「共演の夫とギャラは同じ?」カンヌ国際映画祭に「#MeToo」余波

    ペネロペ・クルスを直撃「共演の夫とギャラは同じ?」カンヌ国際映画祭に「#MeToo」余波

    dot.

    5/11

    「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    AERA

    1/28

  • ペネロペ・クルスが語る新作「撮影が終わった時、力尽きた」

    ペネロペ・クルスが語る新作「撮影が終わった時、力尽きた」

    週刊朝日

    6/5

    野田市虐待死 DV受けていた母親が「この子さえいなければ…」と追い詰められる負の連鎖

    野田市虐待死 DV受けていた母親が「この子さえいなければ…」と追い詰められる負の連鎖

    dot.

    2/14

  • たばこ押しつけ「マジ殺すぞ」 話題の“虐待VR動画”、制作者の願いとは?

    たばこ押しつけ「マジ殺すぞ」 話題の“虐待VR動画”、制作者の願いとは?

    AERA

    11/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す