ロザン宇治原が明かす 成績アップにつながった母親の一言 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロザン宇治原が明かす 成績アップにつながった母親の一言

このエントリーをはてなブックマークに追加

菅広文(すがひろふみ)さん(左):1976年10月29日生まれ。大阪府立大学経済学部中退。96年にロザンを結成。最新作に『身の丈に合った勉強法』(幻冬舎)がある/宇治原史規(うじはらふみのり)さん(右):1976年4月20日生まれ。京都大学法学部卒業。京大在学中から活動をスタート。クズ番組で数々のタイトルを獲得。相方の菅氏とは高校時代の同級生(撮影/門間新弥)

菅広文(すがひろふみ)さん(左):1976年10月29日生まれ。大阪府立大学経済学部中退。96年にロザンを結成。最新作に『身の丈に合った勉強法』(幻冬舎)がある/宇治原史規(うじはらふみのり)さん(右):1976年4月20日生まれ。京都大学法学部卒業。京大在学中から活動をスタート。クズ番組で数々のタイトルを獲得。相方の菅氏とは高校時代の同級生(撮影/門間新弥)

「元祖高学歴コンビ」ロザン。「AERA with Kids夏号」(朝日新聞出版)では、ロザンのお二人に親の影響や高学歴のメリットなどについてうかがいました。

*  *  *
菅:「そのポジティブさはどこからくるんですか?」とよく聞かれるのですが、これは母親のおかげやと思います。僕には3歳上の姉がいるのですが、「お姉ちゃんはできるのに、あんたは……」と言われることがなかった。できのいい姉と比較されたことがなかったんです。

宇治原:コンプレックスとかは?

菅:全くなかったですね。もともとすごく運がよくて、今もそうなんやろなと思うんですけど、デパートのガラガラとか基本的に当たっていた(笑)。怒られたこともなかったな。たぶん母親は怒っていたこともあるんでしょうけど、それが理にかなっていたから、納得してしまって記憶にない。宇治原さんもお姉さんとお母さんからかなり影響受けているよね。

宇治原:うちにも2歳上の姉がいて。ずっと一緒に遊んでいたのに、姉が小学校に入ったら家で勉強をやり始めたんです。僕が手持ち無沙汰になってしまった時に、母親が広告の裏っかわに足し算とかの問題を手書きで書いて、「これ、お姉ちゃんと一緒にやって遊んどき」と言われて。お姉ちゃんと一緒に遊べる、と思ったのが勉強の始まりでした。これは今でも続いていて、勉強は遊びの一環だと思っているところがあるんですよ。

菅:宇治原さんも僕も「勉強せい」と言われたことがないのは一緒だね。

宇治原:「宿題せい」も言われたことはないな。ただ、学校の話は母親によく聞かれましたよ。「今日学校で何やったん?」って言うから、「1時間目は国語でこの漢字を習って」と話すと、母親が「ヘーっ!」と言ってくれる。「宿題はどんなん出てるの?」と言うから、「これをこうやって解くんだ」と言うと、また「へーっ!」と。母親を驚かすのが楽しくて、勉強していたところがありますね。



トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加