松下幸之助の「ベンチャー精神」に回帰? シリコンバレーで「パナソニックβ」始動 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松下幸之助の「ベンチャー精神」に回帰? シリコンバレーで「パナソニックβ」始動

このエントリーをはてなブックマークに追加
大河原克行AERA#企業#働き方
パナソニックβの取り組みを通じて変革に挑む。米シリコンバレーに構えた拠点の目の前には米アップル本社がある(撮影/大河原克行)

パナソニックβの取り組みを通じて変革に挑む。米シリコンバレーに構えた拠点の目の前には米アップル本社がある(撮影/大河原克行)

ビジネスイノベーション本部の馬場渉本部長(撮影/大河原克行)

ビジネスイノベーション本部の馬場渉本部長(撮影/大河原克行)

 17年7月までに集まったアイデア1293件から81個の模型をつくり、そのうち31個を試作品にして検証。さらに3個に絞って住空間に取りつけ、使ってみた。その間、わずか3カ月。

成果をもとに、今年秋には住空間向けサービス「ホームX(エックス)」の第1弾を、パナソニックホームズがリリースする。住宅設備、住宅、建材、家電などの10を超える事業部が連携している。住宅関連事業を受け持つ社内カンパニー、エコソリューションズ社の北野亮社長によれば、「照明、空調、インターホン、給湯といった複数の操作系統が混在する環境でインターフェースを統合するもの」だという。

 パナソニックβを指揮するビジネスイノベーション本部の馬場渉本部長は、「パナソニックβは、これまでの『タテパナ』の延長線ではない新たな手法を用いながら、100年前に創業したときの原点に回帰することを目指す」とする。

 大企業となったパナソニックにはさまざまな制約が生じた。アイデアを商品にする場合、数万台規模のビジネスが想定できるものでなくては前に進めない。結果として、確実に売れるものしかつくらない風土が、自然と社内に生まれた。幸之助が創業したときには、ベンチャー企業の精神で社会に役立つものを提供しようと考えただろう。初期の製品である二股ソケットも10日間で100個売れただけ。規模が見込めるビジネスに限定されていたら、生まれなかった商品もあったはずだ。

「パナソニックβはスマホに搭載されるOSをまったく新たなものに入れ替えるぐらいの大きな転換となる。サイバーフィジカル(実世界で集めた情報をコンピューターが分析し、実世界で活用する循環)の時代が続く限り、使い続けられるようにしたい」(馬場本部長)

 次の100年に向けた大手術の一歩がパナソニックβだとすれば、いまはまだ始まったばかりともいえる。結果次第で、津賀社長が目指す「イノベーションが得意な会社」を実現できるかどうか、最初の答えが出てくるのではないだろうか。(ジャーナリスト・大河原克行)

AERA 2018年6月18日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい