晩年の約30年、自宅敷地から出なかった画家・モリの魅力とは、沖田修一監督に聴く (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

晩年の約30年、自宅敷地から出なかった画家・モリの魅力とは、沖田修一監督に聴く

このエントリーをはてなブックマークに追加
小野ヒデコAERA
沖田修一(おきた・しゅういち)/1977年、愛知県生まれ、埼玉県育ち。日本大学芸術学部映画学科卒。監督作品に「南極料理人」(2009)、「横道世之介」(13)など(撮影/伊ケ崎忍)

沖田修一(おきた・しゅういち)/1977年、愛知県生まれ、埼玉県育ち。日本大学芸術学部映画学科卒。監督作品に「南極料理人」(2009)、「横道世之介」(13)など(撮影/伊ケ崎忍)

「モリのいる場所」/全国で公開中。モリ役の山崎努さんは13年ぶりの主演。妻・秀子役は樹木希林さん。 (c)2017「モリのいる場所」製作委員会

「モリのいる場所」/全国で公開中。モリ役の山崎努さんは13年ぶりの主演。妻・秀子役は樹木希林さん。 (c)2017「モリのいる場所」製作委員会

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」「もう1本 おすすめDVD」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき映画とDVD作品をセレクト。「いま観るシネマ」では、監督や演者に直接インタビューし、作品の舞台裏を、「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しいおすすめDVDを紹介します。

【写真】「モリのいる場所」映画の場面写真はこちら

*  *  *
■いま観るシネマ

 沖田修一監督が、画家・熊谷守一(モリ)のことを知ったのは、岐阜で「キツツキと雨」(2012)を制作している時だった。出演俳優のひとり、山崎努さんから「近くに(熊谷氏の)記念館があるから行ってみたら」と言われたのがきっかけだ。その時は都合がつかず行けなかったが、後日、熊谷氏のことを調べたところ、晩年の約30年は自宅の敷地から一歩も外に出なかったことや、石を眺めているだけで一日過ごせるというエピソードを知り、「すごく面白い人だな」と思ったという。

 次第に「山崎さんが熊谷守一を演じる映画は面白いのでは」という思いが芽生え、映画化の可否はさておき、まずは台本を書くことにした。

「できた台本を最初に山崎さんに読んでもらい、断られたらこの映画はなしにしよう」

 結果、山崎さんから快諾の返事をもらう。その日、沖田監督は近くの温泉に一人で行ったほど安堵したという。

「でも、うれしさより、大変なことになった、という思いの方が強かった。自分でオファーしたのに、本当に実現することの緊張や怖さがあった」と当時の心境を明かす。

 映画の舞台は、モリ(94歳)と妻の秀子(76歳)の元に、人が入れ代わり立ち代わり訪れる夏のある一日だ。

「隠居生活ではなく、人がたくさん来て忙しいというほうが皮肉で面白いと思って」

 来訪者の一人、カメラマン助手の青年・鹿島はモリのことをよく知らない設定だ。

「実際、熊谷守一のことを知らない人は多い。モリを偉人だと思っていない若者の存在は、一番お客さんに近い目線なのではと思っています」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい