『ピアノの森』“音の出演”対談 ピアニストが明かす舞台裏 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『ピアノの森』“音の出演”対談 ピアニストが明かす舞台裏

このエントリーをはてなブックマークに追加
加賀直樹AERA

たかぎ・りょうま(右):1992年生まれ。ウィーン国立音楽大学、イモラ国際ピアノアカデミーに学ぶ。ウィーン楽友協会大ホールで演奏/そりた・きょうへい(左):1994年生まれ。モスクワ音楽院に首席で入学。現在はショパン大学に在学中(撮影/篠塚ようこ)

たかぎ・りょうま(右):1992年生まれ。ウィーン国立音楽大学、イモラ国際ピアノアカデミーに学ぶ。ウィーン楽友協会大ホールで演奏/そりた・きょうへい(左):1994年生まれ。モスクワ音楽院に首席で入学。現在はショパン大学に在学中(撮影/篠塚ようこ)

テレビアニメ「ピアノの森」。NHK総合テレビで4月9日(月)午前0時10分(関西は午前0時50分)から放送開始。放送日時は変更になる場合あり。小学生時代の一ノ瀬海、雨宮修平、丸山誉子のピアノ演奏も、ジュニアピアニストのオーディションを実施 (c)一色まこと・講談社/ピアノの森アニメパートナーズ

テレビアニメ「ピアノの森」。NHK総合テレビで4月9日(月)午前0時10分(関西は午前0時50分)から放送開始。放送日時は変更になる場合あり。小学生時代の一ノ瀬海、雨宮修平、丸山誉子のピアノ演奏も、ジュニアピアニストのオーディションを実施 (c)一色まこと・講談社/ピアノの森アニメパートナーズ

 漫画『ピアノの森』が今春、テレビアニメになる。劇中の楽曲演奏を担うのは、国内外の若手ピアニストたちだ。声の出演ならぬ「音の出演」を果たす反田恭平さんと高木竜馬さん2人に心境を聞くと、各々の音楽観にまで話は及んで……。

【テレビアニメ「ピアノの森」のイラストはこちら】

*  *  *
反田恭平(以下、反田):めちゃくちゃ楽しかった。「音の出演」ができて。中学生の時から原作の大ファンで、作中の人物に自分を重ねて読んできた。

高木竜馬(以下、高木):僕もうれしかった。でもまさか「彼」の役だとは……。

反田:えっ、何で?

高木:だって、自分とはまるで異なるタイプなんだもん。

──漫画『ピアノの森』(一色まこと作)は、森に捨てられたピアノを玩具代わりにして育った主人公・一ノ瀬海(いちのせカイ)が、交通事故を契機に演奏家生命を絶たれたピアニスト阿字野壮介(あじのそうすけ)と出会い、才能を開花、ライバル雨宮修平(あまみやしゅうへい)と「ショパン・コンクール」に挑む物語だ。2015年まで「モーニング」(講談社)で連載された。

高木:僕は主人公・カイのライバル「雨宮さん」の「ピアノの役」。今回読み直して強く印象に残ったのは、雨宮さんの性格。人間って憧れのあまり嫉妬に狂う時がある。普通は他人に言わないけど、雨宮さんは全部言っちゃう。反田さんは誰に一番近い?

反田:今回、僕が演奏を担当する「阿字野」。彼のような挫折体験はないけど、僕にも弾けない時があった。大事な人を失ったり、腱鞘炎にかかったり。不甲斐なさ、これでいいのかという葛藤は理解できなくもない。

──「音の出演」とは、どんな心境なのでしょうか。演奏を「役作り」する感じですか?

反田:僕が阿字野になり切って弾くか、阿字野という人物をくみ取った僕として弾くのか、僕が普段のままで弾くのか。ピアニストの個性って聴く人に伝わる。「この音色はホロヴィッツ」「グールド」って。でも今回、僕はそこに特に不安はなく、「阿字野を演じ切ろう」と。ちょっと俳優みたいな気分。

高木:最初の録音ではコンクール序盤で演奏する練習曲を弾きました。ただ、雨宮さんの演奏、じつはコンクールの中で変わっていくんですよね。

反田:物語でとても重要な局面。

高木:もともと雨宮さんは完璧主義者。クールで絶対ミスタッチしない。ところが途中で劇的に変わる。異なる演奏を演じ分けなければならなかった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい