二階堂ふみ「絶対にハルナを演じると決めた」岡崎京子が時代を超えて支持されるワケ (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二階堂ふみ「絶対にハルナを演じると決めた」岡崎京子が時代を超えて支持されるワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
中原一歩AERA

『リバーズ・エッジ』の中に登場する「平坦な戦場で、ぼくらが生き延びること」という言葉は、米国出身のSF作家ウィリアム・ギブソンの書いた詩の一節。『リバーズ・エッジ』はこの詩によって普遍的価値を得た(撮影/今村拓馬)

『リバーズ・エッジ』の中に登場する「平坦な戦場で、ぼくらが生き延びること」という言葉は、米国出身のSF作家ウィリアム・ギブソンの書いた詩の一節。『リバーズ・エッジ』はこの詩によって普遍的価値を得た(撮影/今村拓馬)

漫画のハルナ(左)と公開中の映画の一コマ。私服に着替えて夜の河原へ集まる場面は、退屈な日常からの解放の象徴 (c)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

漫画のハルナ(左)と公開中の映画の一コマ。私服に着替えて夜の河原へ集まる場面は、退屈な日常からの解放の象徴 (c)2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

「『はい』や『いいえ』などの簡単な意思は、短い言葉や表情で返してくれるので、それで判断します。食事をしたり、ラジオを聞いたり、いまはどうすれば彼女がケラケラと笑ってくれるかを考えることが、僕を含めて家族の喜びなんです」(忠)

 映画「リバーズ・エッジ」を監督した行定は、この映画を撮っている間ずっと、リバー(川)という歴史のエッジ(縁)に立たされているような感覚だったと語る。

「登場人物のハルナや同級生たちは、過ぎていった時代の子どもたち。平坦な戦場という、何と戦っているかも分からない時間、つまり青春の中にいる。原作が発売された直後の95年に地下鉄サリン事件が起こって、世の中の価値観が大きく変わっていった。それから世界では日常的にテロが起こり、ついには凄惨(せいさん)な事件が報道されても驚かないくらいになってしまった」

 誰もが大きな時代の空気にのまれていて、最後まで何かへの途上にいる。そしてギリギリの岐路、つまり、“リバーズ・エッジ”に立っている。だから共感できるのだと行定は語る。

『リバーズ・エッジ』は、時代や世代を超えて限りない日常を生き続けるための生存戦略であり、処方箋なのだ。(文中敬称略)(ノンフィクション作家・中原一歩)

AERA 2018年2月26日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい