竹内智香「強豪国の選手とメディアに共通して言えることは…」

連載「黄金色へのシュプール」

五輪直前のブルガリアW杯で、親友のオーストリアチームのクラウディア・リーグラー選手とともに(写真:本人提供)
拡大写真

五輪直前のブルガリアW杯で、親友のオー...

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

【写真】五輪直前のプライベートショットはこちら

*  *  *
 開幕した平昌五輪で、私の競技であるスノーボード女子パラレル大回転は大会終盤に予定されています。すでにさまざまな競技を練習の合間にテレビで観戦していますが、当然「いよいよ始まったんだな」という実感がわいてきます。

 中でも目が行くのが、競技が終わった後の光景です。選手同士はライバルでもありますが、レースが終われば仲間であり、同じ道を選び歩んでいる良き理解者でもあります。真剣勝負の後に、彼ら彼女らが笑顔や涙でたたえ合っている姿を見ると、私の周りにも本当に良きライバル、良き仲間がいることに感謝する気持ちになります。

 五輪直前の公式戦では、私は良い結果を出せませんでした。それもこれもすべて、大事な平昌でのレースに向けて意味ある出来事と捉えていることは、先週の連載にも記しました。ただ、当然結果を出すに越したことはないですし、瞬間的には自分も考え込むことだってありました。

 そういう時に私の救いになったのが、周囲にいた他国の選手やスタッフたちだったのです。私はいい順位ではありませんでしたが、一方で今季はどの選手も実力が拮抗している状況であることも間違いありません。だからこそ私も五輪での巻き返しに気持ちを傾けていますが、周りの選手たちも冷静な表情でこう話しかけてくれるのです。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック