竹内智香「父が届けてくれた、スノーボードとの運命の出合い」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「父が届けてくれた、スノーボードとの運命の出合い」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
竹内智香AERA#竹内智香
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

4歳の時、父親とやってきたスキー場での1コマ(写真:本人提供)

4歳の時、父親とやってきたスキー場での1コマ(写真:本人提供)

 10歳の時に、両親が旅館経営を始め、今では次男の兄が後を継いでいます。当時、旅館を建て替える必要があり家族に少し時間ができた時に、私は父といっしょにスノーボードを始めました。その頃は北海道もまだスノーボード人口は少なく、まわりはスキーヤーばかり。その後も私が高校生になってもスノーボード禁止のスキー場が多かったほどでした。だからこそ、父と旅館の近くの山に行ってスノーボードと出合えたことは運命ですし、その機会がなければこんなに早く滑り始めていなかったと思います。

 子どもの頃から活発だった私は、体育の成績も良かったです。学校から帰れば、ランドセルを放り投げてすぐに外に行って、男の子たちに交じってキックベースとか球技ばかりしていました。あまりに男の子とばかり遊んでいたので、初恋がいつなのか自分でもわからないほど(笑)。16年に手術した左膝のケガの痕は綺麗になくなっているのに、あの頃の傷痕は全然消えないで残っている。今回のように時間を見つけては故郷に戻ることで、こうした昔話もより鮮明に思い出すものです。(構成/西川結城)

AERA 2018年1月22日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい