阿佐ヶ谷に“パンダの聖地”が! オムライスのパンダが寂しげな理由

動物

2018/01/02 11:30

 日本に初めてパンダが来たのは1972年。日中国交正常化の記念としてだ。上野動物園の一般公開の初日には開門時に3千人が並び、「2時間並んで見物50秒」という過熱ぶりだった。それから45年。パンダは一過性のブームにとどまらず、人気者であり続けた。08年にリンリンが死亡すると上野動物園では約3年間、パンダ不在となり、年間の入園者数が落ち込んだが、11年、リーリーとシンシンが来園すると、前年度比約200万人増の約470万人に。それまでの無償譲渡から貸与制に切り替わり、年間95万ドル(約1億円)の支出に一部批判の声もあったが、圧倒的な人気ぶりを見せつけた。パンダは老若男女に愛され、海外でも人気だ。「パンダマジック」の正体は何なのだろう? 東京・阿佐谷にあるパンダファンの聖地を訪ねてみた。

あわせて読みたい

  • 安住紳一郎アナも泣いた!? パンダ愛好家の著者が綴る、その魅力と奥深き世界

    安住紳一郎アナも泣いた!? パンダ愛好家の著者が綴る、その魅力と奥深き世界

    BOOKSTAND

    11/8

    幻の動物?獏?バンブーベア?3月11日は「パンダ発見の日」

    幻の動物?獏?バンブーベア?3月11日は「パンダ発見の日」

    tenki.jp

    3/11

  • コロナショックで動物園休園  “パンダロス”を乗り切れ

    コロナショックで動物園休園  “パンダロス”を乗り切れ

    週刊朝日

    3/29

    黒柳徹子「ひとり追っかけでした」 70年来の“パンダエピソード”明かす

    黒柳徹子「ひとり追っかけでした」 70年来の“パンダエピソード”明かす

    AERA

    1/5

  • 出勤前に「毎日パンダ」 6年間動物園通った男性の“パンダフルライフ”

    出勤前に「毎日パンダ」 6年間動物園通った男性の“パンダフルライフ”

    AERA

    1/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す