実は無類のR2-D2好き 三菱地所社長のスター・ウォーズ愛がすごい (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実は無類のR2-D2好き 三菱地所社長のスター・ウォーズ愛がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加
市岡ひかりAERA#スター・ウォーズ
三菱地所社長 吉田淳一さん(よしだ・じゅんいち、59)/東京大学法学部卒業後、1982年、三菱地所入社。人事部長などを経て、14年常務執行役員、16年取締役執行役常務。17年4月から現職(撮影/写真部・大野洋介)

三菱地所社長 吉田淳一さん(よしだ・じゅんいち、59)/東京大学法学部卒業後、1982年、三菱地所入社。人事部長などを経て、14年常務執行役員、16年取締役執行役常務。17年4月から現職(撮影/写真部・大野洋介)

 大学生のとき、初めて「スター・ウォーズ」を見た。映画館を出た吉田青年の胸に強く刻まれたのは「かわいくて頼りになる、あのロボットが欲しい!」という思い。以来、街でおもちゃ屋を見つけると、ついR2-D2を探してしまう。

「普通は主人公に憧れるんでしょうけど、僕はルークがR2-D2と言葉を交わしているシーンを見て『何を話しているんだろう?』と、そればっかり気になって(笑)。人間とコミュニケーションできるなんて、今でいうAIロボットの先駆けですよね」

 三菱地所は、10年後の完成を目指して、東京駅前に高さ390メートルの複合ビルを建設中。でき上がれば、日本一高いビルになる。ビジネスパーソンのニーズが目まぐるしく変わる現代、10年後の人々の暮らしがどう変わり、何が必要とされているのか。街づくりに挑む想像力の原点が、ロボットに憧れ続けた青年時代に垣間見えた。(編集部・市岡ひかり)

AERA 2017年12月25日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい