メンタル弱い人・受け身の人…副業・複業に向かないタイプは (2/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メンタル弱い人・受け身の人…副業・複業に向かないタイプは

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋有紀AERA

こんな副業や複業を求めています(AERA 2017年12月18日号より)

こんな副業や複業を求めています(AERA 2017年12月18日号より)

 同じく複業のマッチングを行う「CARRY ME」には、毎月130人ほどの新規登録がある。こちらは平日の日中に働ける業務委託がメインで、5、6社を掛け持ちするフリーランスもいれば、子育て中の主婦や、起業準備中の人もいるという。

 興味深いのは、シューマツワーカーもCARRY MEも、企業と個人をマッチングするだけではなく、手探り状態の副業や複業について、共通認識を整備する役割を果たしていることだ。

 例えばシューマツワーカーには、仕事の管理を手伝う「副業コンシェルジュ」がいる。働く人は1カ月単位でシフトを作成し、稼働した日には作業実績を書き込む。コンシェルジュはそれを定期的にチェックする。

「本業が忙しくて副業は後回し、は許されない。リモートワークが多いので、業務の実態が見えにくいぶん、意識高く働いてもらう必要があります」(松村さん)


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい