「継承者なしOK」はもちろん「お墓のシェアハウス」まで! 変わるお墓のサービス (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「継承者なしOK」はもちろん「お墓のシェアハウス」まで! 変わるお墓のサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪,野村昌二,小野ヒデコAERA#終活
東京都町田市にある、緑豊かな霊園内で一般墓に交じって散在する「桜葬」の墓所を見学する人たち。春には満開の桜の下、桜葬メモリアル(合同祭祀)が開かれる(撮影/関口達朗)

東京都町田市にある、緑豊かな霊園内で一般墓に交じって散在する「桜葬」の墓所を見学する人たち。春には満開の桜の下、桜葬メモリアル(合同祭祀)が開かれる(撮影/関口達朗)

桜葬の共同銘板。存命の人は赤字、亡くなった人は黒字で刻銘されている(撮影/関口達朗)

桜葬の共同銘板。存命の人は赤字、亡くなった人は黒字で刻銘されている(撮影/関口達朗)

 力を込めて話したのは、都内在住の未婚女性(50)。8月に亡くなった父親の納骨墓地を探している。求職活動中でもあり、一段落してからと思い、今になったという。井上理事長は言う。

「『お墓の継承』は制度疲労を起こし、生きている人を縛り始めています。後継ぎを必要としないお墓が増えていくのは確実だと思います」

 桜葬にはペットと一緒に入れる墓所も。購入を決めた夫婦が下見に来ていた。オーストラリアン・ラブラドゥードルを連れた夫(54)が言う。

「僕らは子どもがいないから、どちらかが先に逝き、どちらかが残ります。埋葬は年を取れば取るほど重いテーマになりますが、早めに不安を一つ取り払うことができ、安定感が増す人生を送れるような気がします」

 センターは生前契約による「死後サポート」も実施している。葬儀だけでなく、故人の部屋の後片づけや葬儀・遺骨の埋葬、縁者への死亡通知の送付、ガスや水道の契約解除など、死後に自分ではできないことを事前に委任契約する。井上理事長は言う。

「今は個が単位で、死後の物事も決めておかなければならない社会。私たちはモデルなき時代を生きているのです」

 センターは、一つの墓穴を4体でシェアする「お墓のシェアハウス」の募集も近く始める。他人同士、男女別の埋葬を想定。LGBTの人には、事情を踏まえて組み合わせを考えるなど相談に応じるという。(編集部・渡辺豪、野村昌二、小野ヒデコ)

AERA 2017年11月20日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい