スノボ選手・竹内智香がたとえ負けても「大きなモチベーション」になるもの (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スノボ選手・竹内智香がたとえ負けても「大きなモチベーション」になるもの

連載「黄金色へのシュプール」

AERA#竹内智香
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内は2つのモチベーションを持って競技を楽しんでいるという(写真:本人提供)

竹内は2つのモチベーションを持って競技を楽しんでいるという(写真:本人提供)

 実際の競技面への影響ですが、長年の経験もあって、冷静に見てもたぶん、自分の技術はある程度高いレベルまで来ています。だからこそ、あとは道具に引き伸ばされる部分も絶対にある。テクニックに加えて、フィジカルもマテリアル(道具)も、全ての部分で極みに近づきたい。実感としても、最近は道具によって自分の能力が伸びている部分が間違いなくありますから。

 そして、自分のブランドを他の海外選手も使っていて、その選手が表彰台に上がることもあります。その瞬間は、本当にうれしい。たとえ自分が表彰台に上がれないレースでも、ブラックパールを使って滑っている他の選手が勝ち上がっていく姿を見ると、結果にへこんでいる暇もないし、早くホテルに帰ろうとも思わない。最後までその選手の勝利を見届けたいという気持ちになります。

 自分が負けても、もう一つ大きなモチベーションがあるということで、すごく競技を楽しめていますよね。私を応援してくれている人やスポンサーの皆さんも、きっとこういう感情で見てくれているんだなと思うと、板作りは私に競技者だけでなく人として、社会人として学ばせてくれることが多いなと感じています。(構成・西川結城)

AERA 2017年10月23日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい