中国人とメルカリのおかげで「ガラクタ」がお宝に? 驚きの流通額

2017/09/21 11:30

「断捨離」と言われても、なかなかモノが捨てられない。だが、インターネットのおかげで、実家の片づけや引っ越しで出るガラクタにも値がつく時代に。訪日する中国人が、家の片隅に置かれた中国骨董に高値をつけ、メルカリでどんどん遺品整理もできる。タンスの中は、宝の山だ。AERA 2017年9月25日号では「お宝流出時代」を大特集。自宅におよそ12万点の“お宝”を所有する経済評論家・森永卓郎さんに、その背景と外国人に人気の“お宝”を聞いた。

あわせて読みたい

  • 森永卓郎の珍品博物館「B宝館」が危機!? 「そろそろ限界が近づいている」のワケ

    森永卓郎の珍品博物館「B宝館」が危機!? 「そろそろ限界が近づいている」のワケ

    AERA

    6/28

    今年はアメリカがバブル崩壊? 森永卓郎「株は全部売りました」

    今年はアメリカがバブル崩壊? 森永卓郎「株は全部売りました」

    週刊朝日

    1/30

  • カーペットの下から現金300万円 遺品整理や相続のいま

    カーペットの下から現金300万円 遺品整理や相続のいま

    AERA

    9/25

    「年収200万円時代」を提唱する森永卓郎の社会実験とは?

    「年収200万円時代」を提唱する森永卓郎の社会実験とは?

    週刊朝日

    1/29

  • タンスから出てきた中国絵画に4千万円! ガラクタがお宝になる理由

    タンスから出てきた中国絵画に4千万円! ガラクタがお宝になる理由

    AERA

    9/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す