AIは音楽変えるが「本質変わらない」 音響開発者でピアニストの小川理子 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AIは音楽変えるが「本質変わらない」 音響開発者でピアニストの小川理子

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
小川理子(おがわ・みちこ)慶應義塾大学理工学部卒業。現在パナソニック執行役員、アプライアンス社副社長。音響開発者として活躍。1993年、ジャズピアノの演奏活動を開始。2006年、CDでメジャーデビューし、現在14枚をリリース(撮影/MIKIKO)

小川理子(おがわ・みちこ)慶應義塾大学理工学部卒業。現在パナソニック執行役員、アプライアンス社副社長。音響開発者として活躍。1993年、ジャズピアノの演奏活動を開始。2006年、CDでメジャーデビューし、現在14枚をリリース(撮影/MIKIKO)

 聴き手も、小さい頃から音楽に全身全霊を懸けた思いや、気合、命の力があるからこそ、心動かされる。人が己の限界をわかっているということも大きい。限界があるから、何とか突破しようと努力するのです。

 一方、AIに限界はほぼありません。私がどれだけ練習しても、技能だけ考えれば、AIくんにかなうわけがありません。

 でも社会人になった後、ジャズピアノに本腰を入れて、米国で初めてプロとセッションした時の驚きは忘れられません。自分が持っているもの以上のものが引き出された。

 リスナーも、そこへいたる苦悩や努力が見えるから、感動する。ジャズはシンクロ。ちょっとハズしてみたら、相手はこう出てきたというキャッチボールを楽しむのですが、思いがけないものが出てくることがよくあります。それが音楽の醍醐味。聴く人にとってもスリリングですよね。

 AIとは共存していきたい。足りないところをアシストし、刺激を与えてくれる第三者になってくれるといいのですが。(構成/ライター・福光恵)

AERA 2017年9月4日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい