羽生結弦 カナダで語った「自分の強み」と「理想のスケート」 (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦 カナダで語った「自分の強み」と「理想のスケート」

公開練習が始まるとすぐに、ループやサルコウなどの4回転ジャンプを軽々と決めた。その完成度も、飛躍的に高まっている(撮影/朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

公開練習が始まるとすぐに、ループやサルコウなどの4回転ジャンプを軽々と決めた。その完成度も、飛躍的に高まっている(撮影/朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

詰めかけたメディアはCM撮影チームも含めて95人。分刻みで取材に応じたが、疲れた顔は見せず、笑顔を絶やさなかった(撮影/朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

詰めかけたメディアはCM撮影チームも含めて95人。分刻みで取材に応じたが、疲れた顔は見せず、笑顔を絶やさなかった(撮影/朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

盟友のハビエル・フェルナンデスやコーチと談笑したかと思えば、次の瞬間には集中状態に。そんな切り替えのうまさも見て取れた(撮影/朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

盟友のハビエル・フェルナンデスやコーチと談笑したかと思えば、次の瞬間には集中状態に。そんな切り替えのうまさも見て取れた(撮影/朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

●追われる立場じゃない

 昨季の羽生はFSで、風や自然や風景を表現するという難しい挑戦をした。苦しみながらも、最後の最後に世界選手権で歴代世界最高得点を更新したことが、自信を揺るぎないものにしたようだ。この経験を生かし、今季はフリー「SEIMEI」で陰陽師のキャラクターを際立たせて演じつつ、情景まで表現したいという。

「目線、手の振り、足の振り、上半身の動き、そういうものでキャラクターを演じつつ、どういう情景でどんな状況かを出せるようになればと思います」

 ブライアン・オーサーと共に、羽生を支えるコーチのトレーシー・ウィルソンは、

「彼は自分自身を高めようとし続け、チャレンジをやめようとしなかった。真のチャンピオンだ。重圧ともうまく付き合うことができている」

 と称賛した。

 自信を持つ一方で、羽生は自分と他選手との距離感を冷静に受け止めている。

 報道陣からは、追われる立場であることについて問う声も上がったが、

「追われる立場とは思わない。ソチの時よりもメダル争いはすごく熾烈(しれつ)になっている」

 ソチ五輪の金メダル最有力候補はパトリック・チャン(26、カナダ)。羽生は2番手で、他の選手は当時の状態も考慮すると、この2人とは少し差が開いていた。

 しかし、平昌五輪では、羽生、ハビエル・フェルナンデス(26、スペイン)はもちろん、ネーサン・チェン(18、米国)、宇野昌磨(しょうま、19)、金博洋(ジンボーヤン)(19、中国)らも状況次第で金メダルに手が届く。

 少年時代に、ロシアのエフゲニー・プルシェンコやアレクセイ・ヤグディンが激しくトップを争った様子を見て、このスポーツにのめり込んでいった羽生。そんな激しい争いは望むところだ。その上で勝つことにこそ、価値を見いだしている。

「みんないろんな個性を持っていて、個性同士がぶつかる。すごく楽しいし、僕の個性っていうのはオールラウンダーであり、すべての質が高いこと。そういう武器を生かして戦いたい」

(朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

AERA 2017年8月28日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい