ニューウェーブ鮮魚店が楽しい! プロも通う「その理由」 (4/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ニューウェーブ鮮魚店が楽しい! プロも通う「その理由」

このエントリーをはてなブックマークに追加
石田かおるAERA
【イベントも楽しい「スタイリッシュ鮮魚店」サカナバッカ中目黒店】カフェやマルシェをイメージしデザインされた「サカナバッカ」の店内は、明るく入りやすい雰囲気。スタイリッシュな鮮魚店として注目される。丸魚が多く並ぶが、三枚下ろしなど無料でしてもらえるので不慣れでも大丈夫だ(撮影/加藤夏子)

【イベントも楽しい「スタイリッシュ鮮魚店」サカナバッカ中目黒店】カフェやマルシェをイメージしデザインされた「サカナバッカ」の店内は、明るく入りやすい雰囲気。スタイリッシュな鮮魚店として注目される。丸魚が多く並ぶが、三枚下ろしなど無料でしてもらえるので不慣れでも大丈夫だ(撮影/加藤夏子)

【魚を空輸「朝どれ超鮮魚店」羽田市場 銀座直売店】全国から魚を空輸。北海道や九州の漁師が朝とった魚が、東京でその日のうちに食べられる。トレーサビリティーを徹底しているため、新鮮なだけでなく安心して食べられる(撮影/加藤夏子)

【魚を空輸「朝どれ超鮮魚店」羽田市場 銀座直売店】全国から魚を空輸。北海道や九州の漁師が朝とった魚が、東京でその日のうちに食べられる。トレーサビリティーを徹底しているため、新鮮なだけでなく安心して食べられる(撮影/加藤夏子)

【レアな魚が並ぶ「魚のワンダーランド」築地魚河岸】昨年11月、築地場外にプレオープン。市場内の約50の仲卸が店を構える。マグロの白子や心臓から、各種クジラの刺し身まで。ディープな専門店が並ぶ。ミシュランの星を持つ飲食店のご用達仲卸も(撮影/岸本絢)

【レアな魚が並ぶ「魚のワンダーランド」築地魚河岸】昨年11月、築地場外にプレオープン。市場内の約50の仲卸が店を構える。マグロの白子や心臓から、各種クジラの刺し身まで。ディープな専門店が並ぶ。ミシュランの星を持つ飲食店のご用達仲卸も(撮影/岸本絢)

【ITを活用「現代版行商」iPad魚屋】iPadで東京と北海道・小樽の鮮魚店をリアルタイムでつなぎ販売する「iPad魚屋」や、人の集まる所に魚を持ち込みさばく“ノマド魚屋”の「魚屋あさい」など、ITを活用した「現代版行商」も登場している(撮影/石田かおる)

【ITを活用「現代版行商」iPad魚屋】iPadで東京と北海道・小樽の鮮魚店をリアルタイムでつなぎ販売する「iPad魚屋」や、人の集まる所に魚を持ち込みさばく“ノマド魚屋”の「魚屋あさい」など、ITを活用した「現代版行商」も登場している(撮影/石田かおる)

●iPadで魚屋

 ニューウェーブの魚屋には、ITを活用した「魚のない」ユニークな店もある。東京・国立のオーガニックストアの一角に店を構えるiPad魚屋の吉川仁さん(64)。訪ねてみると、店に置かれているのはiPadだけ。“リアル魚”は画面の中にいる。北海道・小樽の三角市場の川嶋鮮魚店とネットでつながっているのだ。

「お~い、だれか手のあいている人いる?」

 さっそく買い物してみることにした。吉川さんがiPadに呼びかけると、店員がiPodtouchのビデオ通話機能を使い売り場を案内してくれる。

「今日のおすすめはカスベとタコの足。見てください。タコ、まだ動いていますよ」

 アップにすると本当にニュルニュル動いていた。カメラと一体になって店内をめぐると、シャコ、カキ、ホタテ、ハッカク、カニ……ピチピチの魚介類が次から次へと現れ、口のなかにつばがたまってくる。

 吉川さんがiPad魚屋のアイデアを考えついたのは10年ほど前。小樽で育ち18歳で上京。新宿・歌舞伎町をぶらぶら歩いているときに、ふいに故郷のホッケが食べたくなった。

「小樽のホッケは、東京のとは味も大きさも全然違う。子どもの頃は1匹が10円や20円。ホッケの開きで育ったようなもの」

 東京と小樽は約千キロ離れている。でも、いま欲しい。そのとき頭に浮かんだのが、テレビ電話の技術だ。うまく活用すれば、ドラえもんの「どこでもドア」のように、欲しいものを距離を飛び越え手に入れることができるはず。

「11年にフェイスタイム搭載のiPad2が発売され、実現できる環境が整いました」

 吉川さんの本業はトラックの運転手。週末だけの副業で、吉祥寺の路上で始めたところ、1日で10万円売り上げる日も。吉川さんの取り分は売り上げの15%だ。

●ノマド魚屋を夫婦で

 しかし、ふと思う。双方向の通販とどう違うのか? 実は吉川さんの果たす役割が大きい。小樽の店が混んでいるときには、東京の客も一緒に順番待ちするよう交通整理する。このため鮮魚店は画面に縛られず、ストレスなく営業ができる。「もっと大きいのを見せてあげて」「料理しやすいのは、こっちの魚かも」。客の様子を見て適宜サポートもする。商品が決まると吉川さんがiPadに明細を打ち込み、客と鮮魚店にメールで送信。その場でスピーディーに支払いができる。画面越しの相手でなく、目の前にいる人に支払う安心感も大きい。

「5年以上、iPad魚屋をやってきているけれどクレームはゼロ」


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい