「パソコンの前に座りっぱなし」時代の腰痛・肩こり解消グッズ 実名・顔出し試用レポート

青木典子AERA#健康

リンクル社長川崎祐一さん(32、左手前)あらゆ... (16:00)AERA

リンクル社長川崎祐一さん(32、左手前)あらゆ... (16:00)AERA
 長時間座りっぱなしでパソコンに向き合う現代のビジネスパーソン。腰痛や肩こりは仕事の効率をも低下させる「いま、そこにある危機」。一因となる「姿勢の悪さ」と闘う人々を取材した。

「メンバー全員に健康的なデスクチェアを!」

 リンクルの川崎祐一社長(32)の信条だ。2年前に現在のオフィスに移転した際、すべての机とイスを買い替えた。ネット広告を手がける同社の社員たちは一日中座りっぱなしでパソコンに向き合っている。体への負担が少なく、快適に作業ができる環境を整えようと考えたのだ。

 川崎社長自身、20代半ばからデスクワークによる腰痛に悩まされてきた。そこで背筋をS字カーブにすることで腰痛を防ぐ効果があるとされる「アーロンチェア」を愛用。腰痛から解放されたことで仕事への集中力が高まったと実感し、社員たちのイスも刷新することにした。

●座り続けて心身不調

 オフィス機器メーカーのショールームをまわり、トータルで30~40種類のイスに実際に座ってみた。最終的に選んだのは、「シルフィー」。社員たちには「背もたれの角度がちょうどいい」「肩こり、腰痛を感じたことがない」と好評だ。「デュオレスト」も「お試し導入」中で、「採用担当として応募者に会うので、きれいな姿勢でいたい」と言う人事担当の工藤あかねさん(22)が試用している。

 スタッフの増員に伴い、近くまたオフィスを移転する予定。これを機に、各自が自分に合ったイスを選べるようにしたいと考えている。

「体形も姿勢のクセも一人ひとり異なりますからね」(川崎社長)

 理学療法士としてビジネスパーソンの運動指導などを行う産業理学療法研究会の高野賢一郎会長によれば、長時間パソコンに向き合い続けることで引き起こされる心身の不具合は、眼精疲労や血流が悪くなることに伴う冷え性から、足と顔のむくみ、便秘、痔、肥満、精神的なものまで多岐にわたる。だが、筆頭は腰痛と肩こりだ。

●同僚たちが寄ってくる

 ITアウトソーシング会社のボールドでバックオフィス業務全般を担う藏本由貴恵さん(28)も、常に肩や首、腰に痛みを感じている一人だ。

 月初には社員200人分の給与計算、70社超の取引先への請求書発行を同僚と2人でこなす。業績拡大に伴い毎月10人近くのエンジニアを採用するため、社員名簿の作成も重要な業務。生年月日や家族の情報まで細かく記録するため、ミスのないよう入力画面に目を凝らす。

 一日に数回は屈伸したり肩を回したりしてみるが、忙しいときはそれも忘れてしまう。意識しなくても姿勢を正せるアイテムを使いたいと考えた。ネットで目に留まったのが、「ボディメイクシート スタイル」。カイロプラクティックのノウハウで作られた姿勢ケアシートだ。

「座る姿勢を整える機能はもちろん、花びらのようなデザインにも惹かれました。無機質な職場のアクセントになって、元気が出そうだな、とも。デスクチェアの座面に置いて使い始めると、腰の痛みがなくなりました。体の負荷が一つ減った分、もう一つ新しい仕事をしよう!という気になります(笑)」

 想定外の効果もあった。形も色も目立つので、同僚たちが寄ってきて「これ、何ですか?」「ちょっと座らせて」と話しかけてくるのだ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック