夫婦共働き20年間「お互い収入知らず」 それでも家計はうまくいく? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夫婦共働き20年間「お互い収入知らず」 それでも家計はうまくいく?

このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦お互いの収入、知っていますか?(※イメージ)

夫婦お互いの収入、知っていますか?(※イメージ)

「結局、タクシーに乗りましたが、降りてから『こんなぜいたくしていたらダメだ』と夫がつぶやいているのを見て、びっくりしました。エクセルで光熱費を管理するなど、浪費を嫌うきっちりした性格なんです」(Cさん)

 自宅購入の頭金のうち1500万円は、Cさんが負担した。妻が働くことにあまり前向きでなかった夫が、それをきっかけに、共働きの価値を認めてくれるようになったと感じる。

「子どもたちには、私の収入で本やおもちゃなどを買ってきたし、洋服代も払ってきたのに、夫は貯金しろと言うばかりでした。今回、私が頭金の一部を負担したことで、これまで働きつづけてきたことを夫に認めてもらえた気がします」(同)

 マイホーム購入がきっかけで夫の収入や貯蓄を知ったCさんだが、それぞれが貯蓄や小遣いをキープする形の家計管理が一番しっくりくるという。

「ぜいたくをするつもりはありませんが、自分が買ったものをいちいち夫に言いたくはない。いまのやり方がちょうどいい」

(アエラ編集部)

AERA  2016年5月30日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい