仕事を「二つ」に絞って効率アップ サイボウズ社長の“時短術”

仕事

2016/04/08 16:00

 効率的にあれもこれもと詰め込んでばかりいると、パンクする。体が疲弊してしまったり、大事なコミュニケーションがおろそかになったり。思い切って何かを捨てる。するとゆとりが生まれ、思いがけない副産物が手に入る。「イクメン社長」として知られるサイボウズの青野慶久さんの場合は、こんな方法でそれを手に入れた。

あわせて読みたい

  • 「大事なのは“伏業”にしないこと」サイボウズ青野慶久社長が副業を語る

    「大事なのは“伏業”にしないこと」サイボウズ青野慶久社長が副業を語る

    AERA

    12/18

    企業での「イクボス」育成 課題は

    企業での「イクボス」育成 課題は

    AERA

    9/5

  • 「会議は公開生放送と考えよ」サイボウズ青野社長に聞く リモート時代の新会議術

    「会議は公開生放送と考えよ」サイボウズ青野社長に聞く リモート時代の新会議術

    dot.

    6/9

    サイボウズ青野社長が説く「会社というモンスター」に振り回されない覚悟

    サイボウズ青野社長が説く「会社というモンスター」に振り回されない覚悟

    ダイヤモンド・オンライン

    1/16

  • 小島慶子「サイボウズ青野社長の訴えで思う“ここが変だよ日本の戸籍制度!”」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「サイボウズ青野社長の訴えで思う“ここが変だよ日本の戸籍制度!”」

    AERA

    11/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す