中田英寿 6年半の旅が完結「ここも通過点、目標は未来にある」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中田英寿 6年半の旅が完結「ここも通過点、目標は未来にある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#旅行
最終目的地である宗谷岬を目指す前泊地、北海道・稚内の港で。広大な北海道の旅は1年がかり。7回にわたって訪問し、季節を満喫した(撮影/たかはしじゅんいち)

最終目的地である宗谷岬を目指す前泊地、北海道・稚内の港で。広大な北海道の旅は1年がかり。7回にわたって訪問し、季節を満喫した(撮影/たかはしじゅんいち)

北海道網走市の道立北方民族博物館で、アイヌ民族の文化に触れる。オリジナリティーある柄や染色、生地などの機能性やファッション性を学んだ(撮影/たかはしじゅんいち)

北海道網走市の道立北方民族博物館で、アイヌ民族の文化に触れる。オリジナリティーある柄や染色、生地などの機能性やファッション性を学んだ(撮影/たかはしじゅんいち)

北海道北見市にある北の大地の水族館を訪問。ここは北海道の川魚だけを集めた別名「山の水族館」。この旅では博物館や水族館も数多く訪問した(撮影/たかはしじゅんいち)

北海道北見市にある北の大地の水族館を訪問。ここは北海道の川魚だけを集めた別名「山の水族館」。この旅では博物館や水族館も数多く訪問した(撮影/たかはしじゅんいち)

ついにたどり着いた宗谷岬は、まさかの猛吹雪。雪を踏みしめ、寒風に耐えながらのフィニッシュとなった。旅の最後の食事は宗谷岬のラーメン(撮影/たかはしじゅんいち)

ついにたどり着いた宗谷岬は、まさかの猛吹雪。雪を踏みしめ、寒風に耐えながらのフィニッシュとなった。旅の最後の食事は宗谷岬のラーメン(撮影/たかはしじゅんいち)

「日本酒や工芸は、その土地だからこそ楽しめるものもたくさんあります。ネットや本の情報だけならここまで興味を持てなかったでしょうね。自分の足で訪ね、目で見て、舌で味わい、香りを知る。そうやって体験に落とし込むから、本物の知識になるんだと思います」

●第二の人生のスタート

 ちなみに全行程でいちばん印象に残っているのは……。

「奈良の大峰山の西の覗もすごかったし、24時間以上かけて船で行った小笠原諸島も印象深いですね。多くの人間国宝の方々にお会いできたのも忘れられない思い出。美味しいもの、素敵な宿もたくさんありました。どれか一つというのは難しいなあ」

 日本一周の旅は終わった。だが中田英寿の旅は、続く。

「ゴールはないですね。旅が続くというより、さらに先に延びたという感じ。この旅をしたことで、よりたくさんの次の旅先が見つかりました。日本文化を世界に広めるプロジェクトをもっと力を入れてやっていきたいし、それとは別に目的のない旅も続けて、また新たな発見をしたいと思っています。この旅でのすべての経験、出会いが自分の財産ですし、ここから第二の人生が始まった。サッカーをやめてからずっと探していた、サッカーよりものめり込めるものを見つけられた気がします」

 サッカーの次は、文化の“日本代表”として。中田英寿が再び世界を目指す。

(ライター・川上康介)

AERA 2016年1月25日号

※中田英寿さんが全国を旅して発見した美味しい日本酒・焼酎を集めたイベント「CRAFT SAKE WEEK@六本木ヒルズ屋台村」が、東京・六本木ヒルズアリーナで、2月5日(金)から10日間にわたり開催される予定です。詳細はhttp://craftsakeweek.com/


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい