あさドラ女優、漫画家も出演! 意外な「相棒トリビア」

AERA#ドラマ
 SEASON14を迎えた人気ドラマ「相棒」。今シーズンは水谷豊が演じる杉下右京と反町隆史演じる冠城亘らがコンビを組み、人気を博している。今回は、そんな長寿ドラマの知られざる「トリビア」をご紹介する。

■トリビア1 歴代相棒の名前は…

 歴代相棒の名前は「か」ではじまって「る」で終わる。命名者は「相棒」生みの親の脚本家・輿水だが、尊命名後に他から指摘されて初めて気づいたとか。劇中でも、米沢と角田が語っている。ちなみに「名前が3文字」「苗字が地名」も共通点。

■トリビア2 あの人もゲスト出演!?

 バラエティー番組で大活躍中の坂上忍は、season2第10話「殺意あり」にシリアスな役で登場。若手演技派として名高い染谷将太がseason1第5話「目撃者」に小学生犯罪者として出演。朝ドラ「あさが来た」主演の波瑠はseason11第11話「アリス」のメインゲストだった。桐谷健太や斎藤工、はるな愛はブレイク前に参戦済み。「名探偵コナン」の漫画家・青山剛昌や、映画監督の三池崇史も俳優として出演した。なお、研ナオコは「相棒」ファンが高じてseason10第6話「ラスト・ソング」でメインゲストに。season8第9話「仮釈放」の井上和香もそのパターンだ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック