実は南ア戦じゃない? 五郎丸のターニングポイントは◯◯ (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実は南ア戦じゃない? 五郎丸のターニングポイントは◯◯

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#ラグビー
日本代表の副主将。「リーダーのあるべき姿は長所をどんな環境でも出せること」。五郎丸の長所はフル出場を続けることだった(撮影/写真部・東川哲也)

日本代表の副主将。「リーダーのあるべき姿は長所をどんな環境でも出せること」。五郎丸の長所はフル出場を続けることだった(撮影/写真部・東川哲也)

 ラグビー日本代表としてW杯を戦い、日本のみならず世界にその名をとどろかせた五郎丸歩(ごろうまるあゆむ)(29)。インタビューで語られたのは、悔しさと期待される喜び、そして責任感だった。

 W杯イングランド大会。ラグビー日本代表は1次リーグ最終戦の米国戦に勝ち、3勝1敗で有終の美を飾った。五郎丸はひとしきり泣いた。4年間にかけた覚悟を感じさせる涙だった。落ち着きを取り戻してから、記者が待つミックスゾーンで口を開いた。

「トゥイッケナムの大観衆の前でプレーしていたら、人生観が変わったでしょうね」

 決勝トーナメントに進めないことは、試合の前日に決まっていた。W杯史上初めて、3勝もしながら決勝トーナメントに進めなかった誇り高き敗者。その誇りを代弁するように、本音の悔しさが口をついた。

 ラグビーの母国・イングランドにおける聖地「トゥイッケナム」は、8万人を収容する大スタジアムだ。決勝トーナメントに進めていれば、準優勝に輝いた豪州と対戦できていた。

「ベスト8の試合は見ましたよ。『ああ、あそこの地に立っとったらなぁ』みたいな」

 福岡訛(なま)りが少し残る、五郎丸節。実現していれば、日本ラグビー界がさらに大きな転換点を迎えたかもしれない。

「その思いは今も残ってますね。僕だけの人生観じゃなくて、日本の2500万人もの方がテレビでW杯を見ていた。日本全体の価値観も変わったでしょうし、あそこに一歩届かなかったのは悔しい。日本としても非常に悔いの残ることだと思う」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい