ロケ地探しから交渉まで 女子高校生監督すべてを一人でこなす (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロケ地探しから交渉まで 女子高校生監督すべてを一人でこなす

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
松本花奈さん(17)映画監督まつもと・はな/1998年生まれ。高校2年生で撮った長編映画「真夏の夢」で監督として本格的にデビュー。来年夏には新作の公開が控えている(撮影/今村拓馬)

松本花奈さん(17)
映画監督
まつもと・はな/1998年生まれ。高校2年生で撮った長編映画「真夏の夢」で監督として本格的にデビュー。来年夏には新作の公開が控えている(撮影/今村拓馬)

 ロケ地探しから交渉、キャスト探しまでを一手に担う女子高生映画監督がいる。彼女の作品作りの現場を取材した。

 11月上旬、冷たい雨と風が吹きつける東京・新宿のビルの屋上。高校生の松本花奈さん(17)が新作映画「脱脱脱脱17」の撮影を行っていた。

 タイトルの読み方は「ダダダダセブンティーン」。34歳になる「気持ち悪いハゲおじさん」のノブオが、ある事情で17年間高校生を続け、「嘘泣きが得意な」同級生のリカコと繰り広げる青春劇だ。屋上のシーンは、ノブオがなぜ高校を卒業できないのかを打ち明ける大事な場面。

「ビルの屋上がぴったりと思いついて、管理者と交渉しました。人に指示するより、何でも自分でやってしまうんです」 

 ロケ地探しと交渉、キャスト集めを、ほとんど一人でこなし、撮影の合間にスタッフや俳優のために防寒グッズの買い出しにも出かける。脚本は授業の合間にこっそりノートにしたため、家のパソコンで打ち直した。

 冒頭のビルの屋上での撮影があった日は、学校の振替休日。新宿のあとは、埼玉、その後再び都内へ。次の日の祝日は、主人公の2人がストリップ劇場に誘われる場面を熱海で撮った。

「自分は、すごい凝り性」と笑う。女子高校生が泣くシーンでは、自然に涙が出るまで2時間かけた。カットがかかり、全員が言葉を交わさずとも「完璧だ」と感じる瞬間があるという。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい