“手抜きに見えない”お弁当テク 秘訣は「配置」と「立体感」

出産と子育て

2015/11/08 16:00

「子育てしながら仕事してきたので、限られた時間のなかでいかに効率よく作業を進めるか。その技がより培われた気がします」

 ブログには寝坊した日の10分弁当も登場する。ピンチも科学的に切り抜ける。一番の時短は高温で短時間に仕上げること。だから、そういう時は揚げ物で切り抜けることが多いという。意外! 素材の火の通りが早いだけでなく、鍋自体はそれほど汚れないので洗いものも時短できるという。

 夫には「手抜きに見えない、手抜き弁当」と言われる、とnickyさん。実はそこには、手抜きに見せないテクニックがある。ポイントは「色の配置」と「立体感」だ。10分で作った鶏おかずのお弁当を見ると、お弁当に必須な「赤・黄・緑」の3色を対角に配置。緑のブロッコリーの数は非対称にしている。

「おかずはランダムに盛り、そこに意識されない程度の規則性を加えるのがコツ。そうすると、視覚にきれいに映るのです」

AERA 2015年11月16日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 「女性を近距離銃撃しないで」内閣官房ツイッターで重圧?

    「女性を近距離銃撃しないで」内閣官房ツイッターで重圧?

    AERA

    6/2

    茶色い弁当がおいしい? 「サザエさん」磯野家の昼食を作ってみた!

    茶色い弁当がおいしい? 「サザエさん」磯野家の昼食を作ってみた!

    週刊朝日

    4/1

  • 毎日のお弁当作りをパパッと手軽に、かつオシャレにする、時短法と便利グッズとは?

    毎日のお弁当作りをパパッと手軽に、かつオシャレにする、時短法と便利グッズとは?

    tenki.jp

    3/5

    キャラ弁に手が回らない…ワーママを救う「三種の神器」

    キャラ弁に手が回らない…ワーママを救う「三種の神器」

    AERA

    11/22

  • 初夏、梅雨時のお弁当作りで気をつけたい、おなかを壊さない4つの衛生ポイント

    初夏、梅雨時のお弁当作りで気をつけたい、おなかを壊さない4つの衛生ポイント

    tenki.jp

    5/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す