エスキモーになった日本人 最後の猟に同行

2015/11/01 16:00

 北極で43年、犬ぞり猟師として生きてきた大島育雄さん(68)。「この春が最後の猟になるだろう」。そんな連絡が届いた。4月、朝日新聞記者がカメラを抱えて北極へ飛んだ。

あわせて読みたい

  • 北極の海氷面積 回復せず過去最小

    北極の海氷面積 回復せず過去最小

    tenki.jp

    10/26

    「狩りガール」が急増 “狩猟”に女性が魅せられるワケ

    「狩りガール」が急増 “狩猟”に女性が魅せられるワケ

    週刊朝日

    11/12

  • 温暖化で進む「北極開発」 先行する中韓に日本の対抗策は?

    温暖化で進む「北極開発」 先行する中韓に日本の対抗策は?

    AERA

    4/20

    北極、南極、オホーツク海の海氷少ない

    北極、南極、オホーツク海の海氷少ない

    tenki.jp

    2/28

  • 1997年で温暖化はストップ? 実は地球の平均気温は下がっている

    1997年で温暖化はストップ? 実は地球の平均気温は下がっている

    週刊朝日

    10/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す