子どもに理不尽強いる「ブラック部活」の実情 丸刈りや白飯2杯ノルマも当たり前 (3/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どもに理不尽強いる「ブラック部活」の実情 丸刈りや白飯2杯ノルマも当たり前

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・島沢優子AERA#出産と子育て
ノルマのどんぶり飯2杯を泣きながら押し込んだ後、吐いてから練習…(※イメージ)

ノルマのどんぶり飯2杯を泣きながら押し込んだ後、吐いてから練習…(※イメージ)

●ボールは上級生が先

 顧問たちはその方法で上達したのかもしれないが、目の前の子どもは資質も時代背景も違う。12年12月に大阪の市立高校でバスケットボール部の主将が顧問の暴力を苦に自殺した事件の発覚以来、スポーツ・教育界をあげて暴力根絶を推進してきたが、道半ばに映る。

「体罰ギリギリのところで、理不尽な罰を与えるのが指導なのか」(前出の女性)といった声は、どの競技の現場からも聞こえてくる。安全面が考慮されず、理不尽なことを強いられる“ブラック部活”は少なくない。

 関東地方にある私立高校バスケ部に所属する娘(1年)をもつ40代の会社員女性は言う。

「暴力はないみたいだけど、理不尽なきまりや習慣が残ったままでショックを受けた」

 1年生は2年生以上が体育館に現れるまでボールにさわれない「きまり」があるため、娘は自主練習もできない。4回もあった夏合宿中は、3食どんぶり飯2杯がノルマのため、泣きながら押し込んだ後、口のなかに指を突っ込んで吐いてから練習した。

「バカみたいに食べて、吐いて、練習するの繰り返しです。バスケだけやっていればいいみたいな。実情を知っていれば入学させなかったのに」

 一方、首都圏にある私立高校の野球部に息子が所属する40代のパート女性は、「今の顧問は野球を楽しもうというゆるい空気」だという。その野球部は、数年前に前の顧問が暴力問題で退任した。

「ほかに選択肢がなかったのも事実。他校の野球部はブラックな噂が多かった」

 他校に入学したシニアリーグの先輩は、凄まじいいじめに遭っていた。ごみ焼却場で制服を焼かれ、携帯電話は部室で2度なくなったと聞いた。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい