ミニマリストにおススメ 少ない服でのオフィスコーデ術 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミニマリストにおススメ 少ない服でのオフィスコーデ術

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
シャツをブルーに変えると若々しくなる▽タイ(フェアファクス/フェアファクスコレクティブ)、バッグ、シューズ(モデル私物)(撮影/写真部・松永卓也)

シャツをブルーに変えると若々しくなる▽タイ(フェアファクス/フェアファクスコレクティブ)、バッグ、シューズ(モデル私物)(撮影/写真部・松永卓也)

 洋服なんてたくさんあっても時間のムダ。そう言うミニマリストだって、仕事着は捨て切れない。限られた選択肢でどれだけ誠実に、知的に見せるか。究極のコーディネート術を披露しよう。

 スーツの場合はアイテムが少ないとコーディネートに困りそうだが、「全身を無地(ソリッド)でまとめる」方法がある。

 スーツやシャツ、タイには、ストライプからチェックまでさまざまな柄がある。これらはおしゃれ感を加える力もあるが、その分、全身の組み合わせで考える時間も増える。

 だから、あえて選択肢に入れないのだ。スーツとタイをワントーン(単色)でまとめれば、精悍な印象も与えられる。

 映画「007 スカイフォール」の冒頭で主演のダニエル・クレイグが着ていたスーツも、ライトグレーのスーツを無地ワントーンでまとめたものだ。厳密にはスーツやタイに淡い柄が入ってはいるが、遠目にはワントーンにしか見えない。柄や色がなくても、つまらなくなるわけではない。そのことをよく表した着こなしだ。

 近年、仕事着をめぐる環境は多様化している。最たるものがIT業。ベンチャー系のIT企業では、もはや襟つきのシャツさえ着ないことが当たり前。さらには、パジャマにしか見えない装いで、コンピューターにコードを打ち込む姿もよく見かける。

 彼らがモデルケースにしているのはスティーブ・ジョブズであり、マーク・ザッカーバーグだろう。ジョブズは、イッセイミヤケの黒いタートルネックにリーバイスのデニム。ザッカーバーグは、グレーのTシャツにデニムが定番だ。

 だが、彼らは世界に君臨するロックスターのようなもの。洋服をシチュエーションに合わせる必要はない。一方、大半の働き手は相手と関係を結んで、信頼を獲得しなければならない。これが自分のスタイルです、なんて主張しても、最初から受け入れてくれる人なんて、いないのだから。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい