「中国にはなぜ海賊版が多い?」目からウロコの理由 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「中国にはなぜ海賊版が多い?」目からウロコの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#中国#企業
「バンダイナムコ上海」のメンバー。前列中央が山田さん。出向社員は5人だけで日本語堪能をひとつの条件に、現地採用した(写真:バンダイナムコエンターテインメント提供)

「バンダイナムコ上海」のメンバー。前列中央が山田さん。出向社員は5人だけで日本語堪能をひとつの条件に、現地採用した(写真:バンダイナムコエンターテインメント提供)

 日本にとっても大きな魅力をもつ、中国の巨大市場。これを獲得すべく、日本のゲーム業界がのり出した。勝手の違う中国でのビジネスでは、目からウロコの体験もあるようだ。

 海外で人気の日本のマンガやアニメ。キャラクターたちが自在に活躍するゲームも大人気だ。中でもオンラインゲームの海外向けライセンスアウト(特許権やノウハウを他社に売却したり、使用を許諾したりすること)市場は、2014年で86億円。10年と比べると約18倍に伸びた注目株だ(「デジタルコンテンツ白書2015」)。

 この流れに乗ろうと15年、バンダイナムコエンターテインメントがターゲットにしたのが中国。4月に現地法人「バンダイナムコ上海」を立ち上げた。仕掛け人のひとり、同社の冷泉(れいぜい)弘隆取締役(51)は、進出した理由を次のように話す。

「モバイルインターネットユーザーが約7億人と、まだ伸びしろがある中国の巨大市場が魅力なのは当然ですが、現地では日本のアニメなどの非公式なゲームが横行している。版元から大事な版権を預かって商品化している我々が、見逃すことはできません。現地で公式のゲームを出そうと思ったのです」

 中国ではゲームコンテンツはライセンス制だ。現地企業しか配信できない外資規制がある。日本から現地のパートナーと組む方法もあったが、「来たからこそわかったことがある」と、現地パートナーと連携することを決めて新会社を作った、バンダイナムコ上海・総経理兼COOの山田大輔さん(39)は言う。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい