若者の旅行離れ ライバルは「インターンシップ」?

 若者たちの旅行離れが進んでいるとされる。旅行会社にとってライバルとなっているのは、インターンシップだ。

「昔のバックパッカーは、あるもの、見るもの全部受け入れて自分の経験としてとらえていた。いまの学生は手堅いというか、ムダを嫌い、外したくないという気持ちが強いようです」

 そう話すのは、4年ほど前から若者向けスタディツアーを運営する風カルチャークラブ代表取締役の嶋田京一さんだ。

「モンゴル 草原にある小さな村の学校修復活動と草原乗馬8日間」「ペルー 世界遺産マチュピチュ・クスコ日本語学校交流活動8日間」などのツアーを催行してきた。

 モンゴルは27万9千円から。ペルーは39万7千円から。学生にとっては決して安くない。格安航空券や安宿を自分で手配すればいいのに、と思うかもしれないが、どんな経験になるかわからない旅より、現地の人との交流が約束されていて「確実に」自分の求めるものが得られることが重要なのだ。就職活動のネタづくりという側面もある。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック