ライザップの「素人」批判 社長を直撃すると… 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ライザップの「素人」批判 社長を直撃すると…

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
RIZAP(ライザップ)社長瀬戸健さんせと・たけし/1978年生まれ。福岡県出身。明治大学商学部中退。2003年に設立した健康コーポレーションで「豆乳クッキーダイエット」をヒットさせ、12年にRIZAP1号店オープン。高校時代に初恋相手のダイエットをサポート。「あの経験がライザップの考え方につながった」(撮影/編集部・永田稔)

RIZAP(ライザップ)社長
瀬戸健
さん
せと・たけし/1978年生まれ。福岡県出身。明治大学商学部中退。2003年に設立した健康コーポレーションで「豆乳クッキーダイエット」をヒットさせ、12年にRIZAP1号店オープン。高校時代に初恋相手のダイエットをサポート。「あの経験がライザップの考え方につながった」(撮影/編集部・永田稔)

「結果にコミットする」でおなじみのRIZAP(ライザップ)。知名度は高いものの、実際の内容などは知られていない部分も多い。37万円の料金は高すぎないのか、週刊誌が報じたトレーナーの「素人」批判はどう受け止めているのか…ライザップの気になるところを、ライザップの親会社・健康コーポレーションの瀬戸健社長に直撃した。

*  *  *
――健康コーポレーションは、この3年間で売上高が約3倍に急拡大。成功のポイントは。

瀬戸社長:ライザップには医師も多く通っていますが、どうしたらやせられるか、彼らは皆わかっています。でも人間って、わかっていても最後までやりきれないことってある。ライザップは結果に焦点をあて、その過程をサポートする。ここですよ。

――販売管理費の約3割を広告宣伝費に投じている。割合が高すぎませんか。

瀬戸社長:昨年度の宣伝費は連結で70億円。当社には営業担当がほとんどいないので、比重が大きくなるのは当然です。あのCMは行政、弁護士に一つ一つ確認を取って慎重に進めました。結果を明確に見せたかったんです。よく大げさだと言われますが、前後の撮影風景を比べると、本当に空気が全然違いますから。

――基本的なコースで入会金を含め約37万円。高すぎませんか。

瀬戸社長:よく1回いくらという計算をされますが、私たちはトレーニング自体に対してお金をもらっているわけではない。35万円(税別)はあくまで理想の体形実現への対価だと考えています。

――短期間で急激にやせると、リバウンドの心配もあります。

瀬戸社長:魔法をかけているわけではないので、もちろん食べすぎたら太ります。ただ、ライザップでは体を鍛え、終了後にリバウンドしにくい体になっているはずです。日々の食事指導で、太りにくい食習慣も身につけていただけると思います。

――一部週刊誌では、トレーナーが「素人」といった批判が報じられました。採用基準は。

瀬戸社長:お客様のやせたいという願望をかなえるためには、高度な知識や食事指導が重要です。ただし、どれだけ良い指導をしても三日坊主では意味がない。本当に必要なのは、お客様に2カ月間、最後まで一緒になってやりきってもらうスキルです。人間性や情熱を重視して選んでいて、採用率は3%です。

AERA 2015年7月20日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい