じわじわ増える「嫌婚派」 結婚は「人生に重りつける」の声

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

結婚するつもり、ないですか?(撮影/工藤隆太郎)

結婚するつもり、ないですか?
(撮影/工藤隆太郎)

「結婚するつもりはない」という“嫌婚派”が増えている。趣味を大事にし、恋愛には消極的で、親の結婚生活には否定的。彼らの本音を社会学者の水無田気流(みなした きりう)さんと探った

 内閣府が2014年3月に発表した調査では、未婚男女の7割が「結婚したい」と回答し、うち約半数が「経済的に余裕ができ」れば「結婚を決心する」と答えている。少子化を危ぶむ人たちは、経済問題が未婚の最大原因と考え、「若年層の雇用環境を改善せよ」と声高に叫ぶ。結婚は「したくてもできない」ものととらえられ、「結婚するつもりはない」と答えた人や、経済的に余裕があるのに結婚を決心しない「嫌婚派」は、政策上ではあまり注目されない。

 国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査の独身者調査(18~34歳)では10年、「いずれ結婚するつもり」と「一生結婚するつもりはない」の2択で、「一生結婚するつもりはない」を選んだのは男性9.4%、女性6.8%。独身志向は05年の前回調査よりわずかに増え、調査開始の1982年以降で最多となった。

 じわじわと増えている「嫌婚派」はどんな人たちなのだろう。アエラは、首都圏1都3県に住む20~40代の独身男女622人を対象に結婚観などに関する調査を実施した。


トップにもどる AERA記事一覧


   結婚 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加