航空事故防止にドローン活用 世界で善戦した東大生のアイデア (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

航空事故防止にドローン活用 世界で善戦した東大生のアイデア

AERA#東大
ドイツ・ハンブルグの最終選考で、英語でプレゼンテーションする東大チームのメンバーたち。100回以上も練習し、自分以外のメンバーのパートも暗記して臨んだ(撮影/編集部・鎌田倫子)

ドイツ・ハンブルグの最終選考で、英語でプレゼンテーションする東大チームのメンバーたち。100回以上も練習し、自分以外のメンバーのパートも暗記して臨んだ(撮影/編集部・鎌田倫子)

「空港より快適な場所を鳥に用意すればいいのではないか」
「鳥を誘導するのに、話題のドローンを使うのはどうだろう」

 チーム名は“Birdport”に決定。方向性は定まった。次に、宮谷さんは、親友で大学院修士2年の木村元紀さん(24)を誘った。「東大屈指のプログラミングスキル」を持ち、ドローンを使う映像解析を研究していたからだ。

 チームは5人まで。残り1枠に、上西さんと中村さんは、同級生でタイ人のスクリット・ウィナヤウェーキンさん(22)を引き入れた。エアバスはダイバーシティー(多様性)を重視するからだ。スクリットさんは、高校から日本で過ごし、日本語ができることもポイントだった。

 コンテストの審査は3段階で行われた。まず、昨年11月末にリポート用紙2枚程度の論文を提出し、これで100チームに絞られた。第2ラウンドは年明けから3カ月ほどで、5千語の英語の論文と、2分間の映像をまとめなければならなかった。

 途中、スクリットさんが家族の事情でタイに帰国を余儀なくされたり、提出期限2時間前にパソコンがオーバーフローしたりと、予想外のハプニングに見舞われたものの、チームワークでカバー。見事、第3ラウンドへの出場権を手に入れた。

 最終選考は、20分間の英語のプレゼンテーションだった。入念に「台本」を準備し、エンターテインメントの要素を取り入れた。例えば木村さんの紹介は「ドローンフリーク」。スクリットさんは鳥を愛でる平和主義者といったキャラクター設定だ。

「ああ、鳥のパラダイス! でも、どうやって行くの?」
「心配ご無用。ドローンを使えばいいのさ」

 本番では、絶妙の掛け合いで会場を沸かせ、万雷の拍手のうちに終了。入賞へ自信を得た。だが結果は、オランダの大学のインド人チームが優勝。飛行機の羽の振動から電気エネルギーを生み出し、胴体で蓄電するアイデアだ。

「あなたたちもよくやった。プレゼンは面白かったし」

 審査員は東大チームをねぎらったが、表彰式後のディナーの席はお通夜のようだった。

「人生には負ける経験もあるんだよ」(宮谷さん)
「いつかリベンジしたい」(上西さん)

AERA  2015年6月22日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい