中国人「2億円分買いたい」古書も「爆買い」ターゲット?

AERA#中国
「爆買い」といえば、中国などから来た観光客が、日本の家電や生活雑貨を大量に買っていく姿を思い浮かべるはず。だが最近では、「爆買い」ターゲットは様々なものへと広がっている。そのひとつが、「古書」だ。

 世界最大の古書街ともいわれる東京・神田神保町。この街で、中国語の古書を求める中国人を見かけるようになったのは、数年ほど前からだ。中国古書では日本屈指とされる「山本書店」の店主、山本實さんは振り返る。

「最初は趣味で買いに来ているのかと思ったら、実は書店さんでした。中国では土地転がしならぬ『本転がし』が起きているようです。あちらでは古書は一種のステータスシンボル。応接間に飾って文化的な雰囲気をつくり出すためで、有力者への贈り物などに使われるようです」

 今年3月、都内で開かれた古書フェアに、山本さんは2億円近い宋代の古書を出展して話題になった。買い手はつかなかったが、数年前は1億円を超える同じ宋代の書物が売れたこともあったという。

 神保町のある店には、中国最大級の民営書店チェーンで、雲南省の昆明に本拠を置く「新知グループ」の創業者、李勇会長が訪れていた。全中国の急成長企業トップ100にも選ばれたことがあり、立志伝中の人物だ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック