前田敦子は幸運を逃してない? オスカー監督と対談 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前田敦子は幸運を逃してない? オスカー監督と対談

AERA
前田敦子の映画手帖Amazonで購入する

前田敦子の映画手帖
Amazonで購入する

 新作から旧作まで、年間100本以上の映画を見る若手女優・前田敦子が、モノクロ映画『アーティスト』でアカデミー賞を受賞したミシェル・アザナヴィシウス監督と対談。2人が語った、映画を見る、関わることで得られる「幸せ」とは。

* * *
前田:映画を見る立場で言うと私は、昔のモノクロ映画に出てくる女優さんのアップが、すごく好きなんです。アップだけですべてを訴えかけてくる女優さんを見ていると、それだけで幸せな気持ちになれます(笑)。

監督:オーソン・ウェルズが、俳優にとってモノクロ映画は最大の友達だ、というようなことを言っています。モノクロ映画だと、女優が本当に神々しく見えるんですよね。

前田:そうです。すべてがキラキラしています!

監督:当時は、画面の縦横の比率がいまと違い、正方形に近いフォーマットです。クローズアップだとほぼスクリーン全体が顔になり、俳優の存在感がより強調されるんです。ライティングもずいぶん違っていました。

前田:撮り方も全く違ったんですね。「アーティスト」も当時の手法で撮られたんですよね。

監督:たくさん当時の映画を見て、どうやったらあの神々しい画が撮れるのか分析しました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい