コンパ女子は無料、東大女子は有料…東大卒美人の葛藤 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コンパ女子は無料、東大女子は有料…東大卒美人の葛藤

このエントリーをはてなブックマークに追加
弁護士山口真由さん1983年、北海道生まれ。筑波大学付属高校を卒業後、東京大学法学部へ。大学3年で司法試験、4年で国家公務員I種試験に合格。東大を首席で卒業後、財務省に入り、現在は弁護士として活躍(撮影/写真部・大嶋千尋)

弁護士
山口真由
さん
1983年、北海道生まれ。筑波大学付属高校を卒業後、東京大学法学部へ。大学3年で司法試験、4年で国家公務員I種試験に合格。東大を首席で卒業後、財務省に入り、現在は弁護士として活躍(撮影/写真部・大嶋千尋)

 頭脳明晰で美しい。東大卒美人が注目されている。ダブルの強みをもつ彼女たちには、実は葛藤もあったようだ。

 すらりとした長身でモデルのようにスーツを着こなし、愛らしい笑顔の山口真由さん(31)は、こう話す。

「“才色兼備”という言葉が大嫌いでした」

 女性は頭がいいうえに美しいと、ひときわ注目され、もてはやされる。そういう風潮に違和感があった。

「もてはやされるということは、“才”と“色”は両方兼ね備えられないものという前提があるから。それはおかしいんじゃないかと思っていました」

 山口さんは今、弁護士として企業のM&Aなどを手がけるかたわら、本の執筆やニュース番組などへの出演もする。東京大学を首席で卒業という飛び抜けた頭脳に加え、その容姿にも注目が集まり、活躍の幅が広がっていることは間違いない。今はそれを自然に受け止められるが、かつては「知性」と「美」のどちらを追求するかで極端にぶれたこともあった。

 大学時代は「女であることをかなぐり捨て」、学業に励んだ。きっかけは新入生歓迎コンパ。100余りある学内のテニスサークルで東大女子が入れるのは三つほど。新歓コンパに行くと、男子学生3千円、他大の女子大生は無料。なのに「東大女子」だけは2千円とられた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい