防犯ブザー使えた子供わずか2.7% 防衛に「疑似体験」を

出産と子育て

2015/04/01 07:00

 子どもが通学路や自宅周辺で狙われる事件が後を絶たない。しかも、加害者の実に半数近くが「顔見知り」だ。私たちはどうやって子どもたちの身を守ればいいのだろうか。

あわせて読みたい

  • 川崎殺傷事件“自爆テロ型”にどう対処する? 子どもを守る新たな方策

    川崎殺傷事件“自爆テロ型”にどう対処する? 子どもを守る新たな方策

    AERA

    6/3

    難しい「不審者」判別 子どもにどう伝えるべきか

    難しい「不審者」判別 子どもにどう伝えるべきか

    AERA

    4/9

  • 犯罪は予測できる

    犯罪は予測できる

    11/6

    不審者は「黒いサングラス」じゃない 危ない隣人から子どもを守るには?

    不審者は「黒いサングラス」じゃない 危ない隣人から子どもを守るには?

    週刊朝日

    10/2

  • 小学校の「正門前」は盲点? 練馬の児童切りつけ事件

    小学校の「正門前」は盲点? 練馬の児童切りつけ事件

    AERA

    7/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す