ふなっしーの“一梨”マーケティング なぜ人気者になれたなっしー? (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ふなっしーの“一梨”マーケティング なぜ人気者になれたなっしー?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・福光恵/編集部・柳堀栄子AERA#ゆるキャラ
「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(日本科学未来館)では、描いたふなっしーが3D画像で動く「お絵かきふなっしー」を5月10日まで展示中(撮影/慎芝賢)

「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(日本科学未来館)では、描いたふなっしーが3D画像で動く「お絵かきふなっしー」を5月10日まで展示中(撮影/慎芝賢)

「ららぽーとTOKYOBAY」のキムカツ亭で、「ふなかつプレート」が3月13日から3カ月の期間限定で発売される。コック姿で宣伝するふなっしー(撮影/編集部・柳堀栄子)

「ららぽーとTOKYOBAY」のキムカツ亭で、「ふなかつプレート」が3月13日から3カ月の期間限定で発売される。コック姿で宣伝するふなっしー(撮影/編集部・柳堀栄子)

「イベントに出れば必ずネットで反響をチェックしていますよね。どんな動きやしゃべりがウケたのかを確認して、次に生かしている。ほかのキャラと比べても、研究熱心ぶりはダントツ」

 今やふなっしーの十八番となったジャンプや、お尻を突き出すポーズ「ぷりケツ」も、そうした「一梨シンクタンク」の調査のたまものだった。

「みんなのフィードバックが育ててくれたなっしー。今は何でも数字でわかる便利な世の中なしな。ユーチューブの再生回数もそう、グッズの売り上げもそう。みんなが喜ぶものが梨にもわかるなしよ。仕事を選ぶのも、グッズの許諾も、スケジュール管理も基本一梨。これなら所属する事務所の都合じゃなくて、みんなが喜ぶことだけをできるなっしー。だから手弁当のイベントとか、ボランティアとか、今も参加できるなっしー。梨は体力勝負のガテン系。こうやって一梨でやってるから、みんなが喜んでくれると思うなしよ」

●梨友サポーター

 奇跡の背景には、ふなっしーの梨柄(人柄でなく)のファンになり、手助けする強力な「梨友サポーター」の存在もある。

 その一人が、博報堂のコンテンツプロデューサー吉田直人さんだ。ユーチューブでふなっしーの動画を見つけたとたん、けなげで熱いそのキャラのとりこに。メール対応もままならない本梨(本人ではなく)の助けになればと、相次ぐ広告関係の問い合わせ対応に奔走している。多いときには1日7~8件もの問い合わせをさばく、梨友が乗じた「クラウドサポーター」だ。

「青臭いことを言っていいですか? みんなのために本気で頑張っているそのひたむきさに、素直に感動してしまいました。ふなっしーは、応援せずにはいられない梨なんです」(吉田さん)

 人気者になってからのプロ梨根性もすごいものがあった。ふなっしーは活動限界時間が約15分。それ以上は激しい運動による水分不足と熱が、梨ボディーを痛めつけるとされる。

「夏場のロケが終わったとたん、ペットボトルの水を数秒で飲み干したのを見たことがあります。でもどんなに苦しくても、みんなの前では元気で明るいふなっしーを貫き通す。涙が出るほどひたむきですね」(吉田さん)


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい