奮闘する民間人校長 生徒の「学校がつまらない」にも回答

2014/11/14 16:00

 民間人校長制度が導入されて15年。その活躍も、あまり聞かれなくなった。だが、奮闘は続いていた。

あわせて読みたい

  • 広島県が高校入試改革に着手 教育研究家「他の都道府県でも見直しを期待」

    広島県が高校入試改革に着手 教育研究家「他の都道府県でも見直しを期待」

    AERA

    10/11

    内申書が不安で「楽勝部活に生徒殺到」「やる気ない生徒会に立候補」 広島県では大幅改革も

    内申書が不安で「楽勝部活に生徒殺到」「やる気ない生徒会に立候補」 広島県では大幅改革も

    AERA

    10/11

  • 週4日、平日朝だけ、勝ちにこだわらない… 持続可能な「新しい部活」とは?

    週4日、平日朝だけ、勝ちにこだわらない… 持続可能な「新しい部活」とは?

    AERA

    8/16

    学校の先生が忙しすぎる プリント、集金… 校務に追われ授業準備ができない

    学校の先生が忙しすぎる プリント、集金… 校務に追われ授業準備ができない

    AERA

    8/19

  • 下着は白、台風でも部活決行…ブラック校則に生徒は「より厳しくして」 ある教育長の苦心
    筆者の顔写真

    石井志昂

    下着は白、台風でも部活決行…ブラック校則に生徒は「より厳しくして」 ある教育長の苦心

    dot.

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す