人気化する「週休4日」の“ゆるい就職” 夢の働き方か、単なるリスクか (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

人気化する「週休4日」の“ゆるい就職” 夢の働き方か、単なるリスクか

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#仕事
「ゆるい就職」の応募者を集めた討論会。この日は「ゆるい就職のリスク」について話し合った(撮影/編集部・庄司将晃)

「ゆるい就職」の応募者を集めた討論会。この日は「ゆるい就職のリスク」について話し合った(撮影/編集部・庄司将晃)

上図:正社員は今も「狭き門」だ下図:雇用者数に占める正社員・非正社員

上図:正社員は今も「狭き門」だ
下図:雇用者数に占める正社員・非正社員

人材派遣会社が提唱する「ゆるい就職」。会社に縛られることを嫌うゆとり世代が殺到した。
モラトリアムの新たな形か、単なるリスクか――。
(編集部・庄司将晃)

 岐阜県瑞浪市の出身で、都内のシェアハウスに住む山口大貴さん(25)は、仲間7人と故郷のまちおこしに取り組んでいる。人口4万足らずの瑞浪市の地場企業や商店を紹介するウェブサイトの開設準備に大忙し。取材を通じて人脈をつくり、スポンサーを集めて映画や音楽、アートを統合したフェスティバルを開くのが当面の目標という。将来のビジョンは明確だ。

「いずれサイト運営団体は法人化して、これ一本で食べていけるだけの収入を確保したい」

 横浜市立大学をこの春卒業し、知人の紹介でITベンチャーに正社員として就職。だが、社長と意見が合わなくなり、2カ月ほどで辞めた。そんな時、出身中学が人口減に伴い統廃合されると知った。夏に帰省して友人たちと語り合うなかで、まちおこしを自分の人生の中心に据えようと決心した。

 たぶん、人材派遣会社ビースタイルが提唱する「ゆるい就職」は、山口さんのような人にこそ向いている。

 同社は7月、「“週5日勤務”の『あたりまえ』がバカらしい新卒~25歳くらいの若者限定」という刺激的なキャッチコピーで、働く人を募集した。

 条件は、週休4日、月収15万円。労働時間が短いために、原則、社会保険には入れないが、なんとか自活できる収入とやりたいことに打ち込む時間だけは得られる。

●仕事は「ゆるく」ない

 ホリエモンこと堀江貴文さんがツイッターで「これは素晴らしいアイデア」とつぶやくなどネット上で評判になり、
20代の男女が360人近く殺到した。

 企画したのは慶応大学大学院特任助教の若新雄純(わかしんゆうじゅん)さん。学生でも勤め人でもない若者を集めて「NEET(ニート)株式会社」を設立するなど、多様な働き方を模索する活動を続けている。

「モノを買えば豊かになれる、という画一化されたモデルはもうない。物質的にはすべてがそろった社会で、どう豊かに生きるかという答えが一つではない時代だ。仕事にもいろいろなスタイルがないと、若い人たちは価値を見いだせない」

 プロジェクトの責任者を務める宇佐美啓さんは言う。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい