娘の入社で派閥争い勃発 ホッピーの3代目が社を改革 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

娘の入社で派閥争い勃発 ホッピーの3代目が社を改革

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
ホッピービバレッジ 石渡秀さん(初代)(写真:ホッピービバレッジ提供)

ホッピービバレッジ 石渡秀さん(初代)(写真:ホッピービバレッジ提供)

ホッピービバレッジ石渡光一さん(2代目)、石渡美奈さん(3代目)美奈さんは「ものづくりで妥協しない祖父のポリシーを念頭に、日々決断していると、仕事を通じて祖父とつながっている気がする」(撮影/写真部・松永卓也)

ホッピービバレッジ
石渡光一さん(2代目)、石渡美奈さん(3代目)

美奈さんは「ものづくりで妥協しない祖父のポリシーを念頭に、日々決断していると、仕事を通じて祖父とつながっている気がする」(撮影/写真部・松永卓也)

 世襲で運営するファミリー企業。その3代目として、社内に改革をもたらした女性社長がいる。ホッピービバレッジ(東京都港区)の石渡美奈社長(46)だ。

 中学・高校は田園調布雙葉、大学は立教大学文学部。卒業すると大手食品メーカーに就職した。時代は男女雇用機会均等法の施行から4年後だったが、バリバリ働く気持ちは薄く、「OLの花道」とされた25歳で寿退社した。

 思い描いた人生を実現したはずなのに、「明日から早起きしなくていいんだ」と喜んだのは退職日だけ。すぐに家にいることがつまらなくなり、広告会社の営業アシスタントとして再び働き始めた。しかし、夜遅くまで仕事に集中する働き方に夫婦間での意見は食い違った。結婚から半年で離婚した。

 勤務先では本格的に営業を任され、“お嬢様”は目覚めた。

「仕事っておもしろい。一生仕事にかかわりたい」
 
同じ頃、父がビールの製造免許を取った。祖父の時代は規制が厳しく、夢にすぎなかった免許だ。本社ビル最上階にある自宅のリビングで、父は娘にポツリと言った。

「先代の夢だった免許がとれた」

 跡を継ごうと腹をくくった。だが、家業に入ることに父は反対した。1年かけて説得したが、入社して分かった。派閥争いと退廃的な空気が待っていた。一回り年上の父方のいとこを次期社長に担ごうとする派閥があり、美奈さんの入社によって内紛に火がついた。

「売上高10億円規模の会社にとって、業績を左右するのは景気ではなく内的要因なんです」

 入社した1997年から、売上高はじりじりと減り続けた。2001年にはいとこが退社し、連なる古参の幹部たちもごっそり辞めた。売上高は02年に8億円にまで落ち込んだが、美奈さんはそれで良かったと思っている。

「ウミを出し切ることは、企業の成長過程において必要なこと。それができたのは、私が3代目だったからかもしれません。初代と2代目が築いたものをいったんバラし、良い企業文化だけを残す。それが3代目の私の役割なのです」

 創業から約100年、会社は改革を必要とする時期にきていたが、2代目は創業を支えた古参たちとのしがらみに縛られる。だが、3代目ならば、しがらみを振り切り、大ナタを振るうことができる。工場の不透明な取引にもメスを入れ、古い慣習を断ち切った。「低カロリー・低糖質、そしてプリン体ゼロ」という宣伝も浸透。売上高が約40億円になり、軌道に乗った10年、父は娘に社長の“バトン”を渡した。

AERA 2014年6月2日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい