居心地良い生活の一方で売春? 虐待事件はDVと同じ構造

2013/12/24 16:00

 兵庫県尼崎市で起きた中学3年の男子生徒への性的虐待事件で、事件を主導した沖野玉枝被告(43)と少年少女らの不可思議な共同生活が明らかになった。少年らは沖野被告のことを「ママさん」と呼び、共同生活を「居心地が良かった」などと話しているという。一方で、沖野被告は気に入らないことがあると平手打ちしたり、棒で体をたたくなど、日常的に暴力を振るう一面もあった。さらに、沖野被告は少女らを自身の経営するスナックで働かせたり、売春させた疑惑も浮上しているという。

あわせて読みたい

  • 5千円で体触らせ、裸の写真も? 虐待事件主導者の副収入

    5千円で体触らせ、裸の写真も? 虐待事件主導者の副収入

    AERA

    12/26

    裸にろうそくたらし…尼崎少年虐待 奇妙な集団生活

    裸にろうそくたらし…尼崎少年虐待 奇妙な集団生活

    AERA

    12/16

  • 尼崎変死事件 美代子元被告が作らせた「しばき棒」

    尼崎変死事件 美代子元被告が作らせた「しばき棒」

    週刊朝日

    10/8

    あなたの友人は大丈夫? 福岡5歳児餓死事件や過去の類似事件にみる“モンスター”の共通点

    あなたの友人は大丈夫? 福岡5歳児餓死事件や過去の類似事件にみる“モンスター”の共通点

    AERA

    3/15

  • 尼崎連続怪死で殺された男性が同僚に漏らした悲痛

    尼崎連続怪死で殺された男性が同僚に漏らした悲痛

    週刊朝日

    11/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す