「二度と戻ってこない」アイソン彗星 勝負は夜明け前

2013/11/20 11:30

 昨秋見つかり、「満月級の明るさになる」と期待されたアイソン彗星(すいせい)が、11月29日の太陽最接近を前に観測の好機を迎えている。見やすくなるのは11月後半から。直径100メートル以下とみられ、太陽の熱や光で溶けてしまう懸念もあるが、しぶとく生き残れば、12月の初めには見上げるほどの尾をなびかせるかもしれない。

あわせて読みたい

  • 月のように満ち欠けする金星。1月下旬から「明けの明星」として、夜明け前の空で輝きます

    月のように満ち欠けする金星。1月下旬から「明けの明星」として、夜明け前の空で輝きます

    tenki.jp

    1/20

    夜明け前の競演と青空の「金星食」。5月27日は月と金星に注目しましょう

    夜明け前の競演と青空の「金星食」。5月27日は月と金星に注目しましょう

    tenki.jp

    5/26

  • 北海道 水星の観察にチャレンジ!

    北海道 水星の観察にチャレンジ!

    tenki.jp

    3/18

    10月21日深夜から22日明け方はオリオン座流星群極大。ぜひ見ておきたい、秋の空に輝く天体ショー!

    10月21日深夜から22日明け方はオリオン座流星群極大。ぜひ見ておきたい、秋の空に輝く天体ショー!

    tenki.jp

    10/18

  • 今年最大の月「スーパームーン」、月と火星の大接近と「火星食」を観察しよう

    今年最大の月「スーパームーン」、月と火星の大接近と「火星食」を観察しよう

    tenki.jp

    7/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す