花束、握手で「感動の演出」内定辞退対策に奔走する企業

就活

2013/08/29 07:00

 労力をかけて学生に内定を出したものの、辞退されてしまい、再び採用活動に追われる――ここ数年、このような悩みを抱える企業が増えている。背景にあるのは、少数の学生が複数の会社の内定を独り占めする「内定長者」の出現だ。マイナビ研修企画統括部課長の山田功生さんは解説する。

あわせて読みたい

  • ネット就活から伝統的な採用へ 学歴偏重に回帰する就活事情

    ネット就活から伝統的な採用へ 学歴偏重に回帰する就活事情

    週刊朝日

    2/18

    感動がキモ 人事担当が「内定の出し方」を練習

    感動がキモ 人事担当が「内定の出し方」を練習

    AERA

    9/4

  • 面接廃止も 売り手市場で新卒採用がこんなことになっていた!

    面接廃止も 売り手市場で新卒採用がこんなことになっていた!

    週刊朝日

    8/3

    コロナ禍の就活に専門家「最終選考まで一度も会わずに内定が出るケースも」

    コロナ禍の就活に専門家「最終選考まで一度も会わずに内定が出るケースも」

    AERA

    6/4

  • 大企業が中小に怯える?「オワハラ」の恐怖

    大企業が中小に怯える?「オワハラ」の恐怖

    AERA

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す